Crossover Jazz

The Rebirth ジャズクロスオーヴァーなソウルバンド

投稿日:2018年5月15日 更新日:

Pocket

Mighty Ryedersのレアグルーブ鉄板曲、“Evil Vibrations”のカヴァーがクラブヒットし話題となった7人編成のジャズクロスオーヴァーなソウル・バンド、” The Rebirth “(ザ・リヴァース)。今でも充分に聴ける名盤アルバム、”This Journey In”を2005年にリリースしたのち、10年の時を経て2015年”Being Thru The Eyes Of A Child”をリリース。

Evil Vibrations以上のヒットはないものの、常にクオリティの高い楽曲をリリースしています。

参加メンバ−はブレイケストラのキーボーティストLOSLITOとパーカショニストRAUL GONZALES、そして元NEWBIRTHのドラマーCHRIS TAYLOR等といった強力な面々で、D-INFLUENCEやIncognitoより濃く、Haiatus Kaiyoteよりもソウルなクラブジャズ、といったところでしょうか。

この辺のクラブジャズ、クロスオーバー好きはきっと気に入るはず。

では曲紹介。

まずは彼らの最大のヒット“Evil Vibrations”

1stアルバムタイトル曲でもある”This Journey In” この曲、もう何百回と聴いてますが、飽きない!

2015年アルバム”Being Thru The Eyes Of A Child”からのファーストシングル”This Is Coming To?”


ソウル・RBランキング

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

-Crossover, Jazz

執筆者:


関連記事

Maurice Brown ジャズmeetsヒップホップの世界

シカゴ南部で生まれ育ち、ニューオーリンズでの活動の後、現在はNYとLAに活動拠点を持つジャズトランペット奏者、アレンジャー、プロデューサー、グラミーウィナーでもある” Maurice Br …

Too Slow To Disco Brasil 極上ブラジリアンAORコンピ

ドイツ、ベルリン発、70年代から80年代にかけてリリースされた珠玉のAOR,ミディアムディスコ、シティポップを中心にセンスの良い掘り出し物を集めたコンピレーションシリーズ、” Too Sl …

Kamasi Washington 現代ジャズの象徴 最新作発売!

 Kamasi Washington – カマシ・ワシントン 、現代ジャズの象徴であり、その現代ジャズの金字塔でもある前作「The Epic」。あの衝撃と感動から3年、正当後継作品と言って …

Go Go Penguin 科学的ジャズの新世界

イギリス、マンチェスター出身の3人組新鋭、ブルーノートUK所属のジャズ・エレクトリカグループ Go Go Penguin (ゴー・ゴー・ペンギン)。ドラマーのロブ・ターナー、ダブルベーシストのニック・ …

Khruangbin / エキゾチックなタイ式ファンクグループ

エレクトロニック界の大御所、ボノボことサイモン・グリーンに見いだされた3人組、” Khruangbin “(クルアンビン)。 以前紹介した人気コンピシリーズ”Lat …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。