少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Crossover Jazz

The Rebirth ジャズクロスオーヴァーなソウルバンド

更新日:

Pocket

Mighty Ryedersのレアグルーブ鉄板曲、“Evil Vibrations”のカヴァーがクラブヒットし話題となった7人編成のジャズクロスオーヴァーなソウル・バンド、" The Rebirth "(ザ・リヴァース)。今でも充分に聴ける名盤アルバム、"This Journey In"を2005年にリリースしたのち、10年の時を経て2015年"Being Thru The Eyes Of A Child"をリリース。

Evil Vibrations以上のヒットはないものの、常にクオリティの高い楽曲をリリースしています。

参加メンバ−はブレイケストラのキーボーティストLOSLITOとパーカショニストRAUL GONZALES、そして元NEWBIRTHのドラマーCHRIS TAYLOR等といった強力な面々で、D-INFLUENCEやIncognitoより濃く、Haiatus Kaiyoteよりもソウルなクラブジャズ、といったところでしょうか。

この辺のクラブジャズ、クロスオーバー好きはきっと気に入るはず。

では曲紹介。

まずは彼らの最大のヒット“Evil Vibrations”

1stアルバムタイトル曲でもある"This Journey In" この曲、もう何百回と聴いてますが、飽きない!

2015年アルバム"Being Thru The Eyes Of A Child"からのファーストシングル"This Is Coming To?"


ソウル・RBランキング

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

-Crossover, Jazz

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。