現代 ソウルミュージック の輝き!ネオヴィンテージソウル7選

R&B
スポンサーリンク
Pocket

Amy Winehouse(エイミー・ワインハウス)やMayer Hawthorne(メイヤー・ホーソーン)のヒットによって2000年代以降、着実に進化している現代版のリアル”ソウルミュージック”とでもいうべきネオヴィンテージ、レトロソウル界隈。

2010年代以降も数々のアーティストが世に出てきています。

ソウルミュージック~ネオヴィンテージソウルとは?

ソウルミュージックとは、1950年代~60年代にアフリカ系アメリカ人によるゴスペルとブルースから発展してきた音楽である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

その後ソウルミュージックが現代までに多くの形で発展していくわけですが、ネオヴィンテージソウルとは、その初期(50年~60年代)に発展したソウルミュージックの原型を踏襲しながら現代人としてのそれぞれの出自や背景(アフリカ系アメリカ人以外の出自やDJ、クリエイターの視点等)をエッセンスとして取り入れた現代版ソウルミュージック、といったといころでしょうか。

Mark Ronson×Bruno Marsの”Uptown Funk”も上記のエッセンスを取り入れてビッグヒットしていますし、最近ではBlack Pumasがグラミーノミネートされていました。

当ブログでもCurtis HardingTrish ToledoLack Of AfroBobby Oroza等々個別で紹介していますが、最近気になる、おススメアーティストをここで一気にご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

Alexis Evans – I Made a Deal With Myself

フランス、ボルドー出身のギタリスト&シンガーであるAlexis Evans(アレクシス・エヴァンス)。ロック、リズム・アンド・ブルース、ソウルを巧みに操ったヴィンテージ感たっぷりでグルーヴィなディープソウル。

Alexis Evans – I Made a Deal With Myself [Official video]

 

B Golden – Superstar

アーティスト情報がほとんどありません。というか皆無の男性シンガー。YouTube上ではこの”Superstar”と”When I See You Smile”がアップされています。ファルセットボイスとゆったりと流れるメロウなサウンドが実に心地良い、リラックスタイムにおススメのBGMです。

Superstar

 

Durand Jones & The Indications – Cruisin’ to the Park

ルイジアナ出身のソウルシンガー、Durand Jones率いるピュア・ソウルバンドThe Indicationsによるディープな60年代~70年代ソウルを若い感性で蘇らせた素晴らしい楽曲の数々がマニアから高い人気を誇るグループ。
この曲も哀愁漂うアーリー60’sな雰囲気が新鮮ささえも感じさせてくれる良作。
Durand Jones & The Indications – Cruisin' to the Park (Official Video)

 

J.P. Bimeni & The Black Belts – Honesty is a Luxury

東アフリカのブルンジ出身で、ロンドンで活動するシンガー、J.P.Bimeni(ビメミ)とスペインのファンクグループ、The Black Beltsによる男性的な野性味のあるビターソウル。同じUKのStone Foundationに近いレトロ・ファンキーサウンド。

J.P. Bimeni & The Black Belts – Honesty is a Luxury (Official Music Video)

 

The Soul Chance – The Sole Chance

カリフォルニアベースのレトロ感たっぷりな男女レゲエ/ソウルバンド、The Soul Chance(ザ・ソウル・チャンス)による、カリフォルニアの古いダイナーが似合いそうな郷愁漂うカリビアンヴィンテージ・インストメンタル!

The Sole Chance

 

 

The Teskey Brothers – Hold Me

オーストラリア、メルボルンを拠点とするJosh TeskeySam Teskeyのテスキー兄弟を中心としたバンド、The Teskey Brothers(ザ・テスキー・ブラザース)。ストレートでソウルフルなJosh Teskeyのボーカルが光る、適度な粗さとオーガニック感が同居したオーストラリアン・ソウル。

The Teskey Brothers – Hold Me (Official Video)

 

Amahla – River

2018年デビューのロンドンをベースに活動するシンガー、Amahla(アマーラ)。アコースティックでヴィンテージなサウンドは、Corinne Bailey Rae やRaveenaのように甘く、癒されること間違いなし。

River

 

まとめ

現代 ソウルミュージック の輝き!ネオヴィンテージソウル7選でした。

現代なのにレトロ、50年代60年代のスタイルがそのまま現代に蘇っているようで、それが新鮮に感じてしまうところがまた面白いところですね。もはや現代ソウルミュージックの一つのスタイルとして確立している感がありますので、引き続き掘り続けてまたご紹介したいと思います。