Brandy / いまも走り続けるR&B界のトップランナー

brandyR&B
Pocket

90年代の大きな成功を経て今もなお第一線で活躍するR&Bシンガー、本名Brandy Rayana Norwoodこと Brandy(ブランディ)。

1994年1stアルバム『Brandy』からのファーストカット、I Wanna Be Down“が全米6位、R&Bチャート1位と、当時Mary J BrigeなどHipHopを組み合わせた新鋭R&Bが全盛の中、比較的オーソドックスなコンテンポラリーR&Bで、そして当時15歳でのブレイクスルーはかなりシーンにインパクトを与えました(のちにQueen LatifahMC LyteらをフィーチャーしたHipHopリミックスもでましたが)。

そしてやはりハイライトは98年2ndアルバム『Never Say Never』からアトランタの人気R&Bシンガー、Monicaとのデュエット”The Boy Is Mine“が13週にわたって全米No1となるビッグヒットとなり、アルバムは全世界で1600万枚を売り上げ、グラミー受賞という大きな成功を果たすことに。

2000年代に入っても『Full Moon』『Afrodisiac』といった完成度の高いアルバムをリリースしており、その後娘の誕生(Sy’rai)、交通事故での訴訟問題、精神的な苦悩がありながらも2012年『Two Eleven』が全米USアルバムチャート3位と復活。

そして2020年、8年ぶりとなるアルバム『B7』を7月31日リリースしています。

90年代当時はティーンエイジャーの可憐な歌声とベビーフェイスなルックスと三つ編み姿…という印象の強い彼女もすでにアラフォー。その大人の魅力を感じられそうな最新アルバム+代表曲をレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

Brandy : レビュー

Borderline

「多くの失恋、多くの痛み、愛、トラウマ、メンタルヘルスによる多くの浮き沈み・・・私はこの8年間で多くのことを経験しました。」と語るブランディの復活を告げる一曲。

Brandy – Borderline

 

Baby Mama feat. Chance the Rapper

Nipsey HussleRoddy Ricchによるグラミー受賞ソング、”Racks in the Middle“のプロデューサーでもあるHit-Boyがプロデュースし、チャンス・ザ・ラッパーをフィーチャーした盤石の体制。

Brandy – Baby Mama (feat. Chance the Rapper) – Official Video

 

Love Again feat. Daniel Caeser

ダニエル・シーザーをフィーチャーしたアダルトでスムーズなデュエットを聴かせてくれるミディアムメロウチューン。

BRANDY X DANIEL CAESAR – "LOVE AGAIN" (OFFICIAL LYRIC VIDEO)

 

 

Talk About Our Love feat. Kanye West 

2004年『Afrodisiac』より。カニエ・ウェストプロデュースによる、Mandrill”Gilly Hinesのベースライン使いのグルーヴィトラックと、伸びやかなブランディのボーカルが光る2000年代のヒット作品。

Brandy – Talk About Our Love (feat. Kanye West) (Official Video)

 

The Boy Is Mine

90年代後半を代表するR&Bビッグヒット。”Angel Of Mine“や”Before You Walk Out Of My Life“などのR&Bヒットを持つMonicaとの見た目的にはあまりギスギスしてない「男子の取り合い」ソング。

Brandy & Monica – The Boy Is Mine (Official Video)

 

 

Sittin’ Up in My Room

95年作。ホイットニー・ヒューストンとアンジェラ・バセット主演の映画(邦題)ため息つかせて」のサウンドトラックで、ベビーフェイスプロデュース作。

Sly&The Family Stoneの”Thank You“の有名なベースリフをデフォルメしたイントロが印象的なR&Bトラックで当時も非常に人気だった曲。

Brandy – Sittin' Up in My Room (Official Video)

 

 

まとめ

いまも走り続けるR&B界のトップランナー、Brandy(ブランディ)でした。

浮き沈みの激しいショウビズシーンの中で、90年代に活躍したR&Bアクトの中でも数少なくなってきた、いまでも最前線で活躍するアーティストのひとりではないでしょうか。

アラフォーになったオトナの美魔女ブランディを堪能してみてください。