Paco Versailles / フラメンコとエレクトロポップの幸福な出会い

スポンサーリンク
Paco VersaillesElectronic
Pocket

アルメニア生まれのフラメンコギタリスト、Vahagn Turgutyan(バハグニ・トゥルグティアン)とサンフランシスコ出身のソングライター兼プロデューサーのRyan Merchant(ライアン・マーチャント)によるプロジェクト、 Paco Versailles (パコ・ヴェルサイユ)。

Ryan MerchantによるLA拠点のエレクトロ・ポッププロジェクト、Capital Cities(キャピタル・シティーズ)のツアーにVahagnが参加したことで、スペイン文化に対する考え方で意気投合しこのプロジェクトを結成。

Paco Versaillesとは、スペインの伝説的なギタリスト、Paco de Lucía(パコ・デ・ルシア)と、Daft PunkAirなどのフランス(パリ/ヴェルサイユ)のエレクトロニック・ポップアーティストから影響を掛け合わせた名前だそうで、そのサウンドコンセプトは「Dancemenco」=エレクトロポップ、ディスコ、フラメンコが一体となった、フランス産のようでありスペイン産のようだけど、LA産のエレクトロポップミュージックです。

そのサウンドは爽快そのもの!燦燦と降り注ぐ太陽のもとで、テラスやビーチのサウンドトラックにぴったりハマること間違いなしな、非常にハイセンスなものとなっています。

2021年3月26日にはそのコンセプトを冠した初のアルバム『Dancemencoがリリースされましたので、早速レビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Paco Versailles : レビュー

Your Love

フラメンコギターにバレアリックなエレクトロサウンド、そこにドリーミーなヴォーカルが絡む極上トロピカルサウンド。

Paco Versailles – Your Love (Visualizer)

 

Black and White

サビのフックがキャッチーに耳に残る、春夏BGMにピッタリなアッパーチューン。

Paco Versailles – Black and White (Official Audio)

ライヴバージョン。

Paco Versailles – Black and White (Live Performance)

 

Brave New World

しっとりとしたギターの音色に美しいボーカルが壮大さを感じるチルアウトサウンド。

Paco Versailles – Brave New World (Official Music Video)

 

Je T’aime

トロけるようなエレクトロラウンジに「ジュテーム」のフランス語が妖艶さを演出するセクシーすぎる大人のエレクトロサウンド。おススメ。

Paco Versailles – Je T'aime (Official Music Video)

 

Shangri La

Paco Versaillesの名前の由来や「Dancemenco」のコンセプトが一番はっきりと表現されているフラメンコ・ディスコ。

Paco Versailles – Shangri La (Official Audio)

 

Unwind

どこかJusticeBreakbotっぽいメロディのフレンチエレクトロポップ!

Paco Versailles – Unwind (Live Performance)

 

まとめ

フラメンコとエレクトロポップの幸福な出会い、Paco Versailles(パコ・ヴェルサイユ)でした。

一人で楽しむこともできるし、屋外のレジャーでも楽しめる、春夏季節にピッタリなサウンドトラックとしておススメの一枚です!