ZHU / ジャンルレスな次世代エレクトロニックサウンド

ZHUElectronic
スポンサーリンク
Pocket

サンフランシスコ出身のチャイニーズ系アメリカ人プロデューサー、DJのSteven Zhu(スティーヴン・チュー)のステージネーム ZHU(チュー)。

ベースミュージック、トラップ、エレクトロニック、EDMをベースに、細部へのこだわりと革新的でストーリー性のあるサウンドコンセプトに仕上げていく独自の切り口で、ジャンルレスに表現する次世代アーティスト。

 

2014年デビューEP『NIGHTDAY』からのカット、『Faded』がJoe Hertzの父親でもある大御所DJ、Pete Tongのサポートもあり、イギリス、オーストラリア、アメリカのダンスチャートでヒットし2015年のグラミー賞、Best Dance Recording賞にノミネート。

2016年のアルバム『Generationwhy』ではSkrillexと、2018年『RINGOS DESERT』ではTokimonstaMajid JordanTameImpalaなど人気・実力とともに高いDJ、アーティストとも共演。

また2017年のEP『stardustexhalemarrakechdreams』から”Chasing Marrakech“がiphone xsのTVCMで採用されています。

2016年にはULTRA JAPANで来日も果たしていますね。

Ta-KuFKJなどチル系エレクトロニック、ヒップホップとも近いサウンドもある煌びやかで多彩な表現を聴いていきましょう。

 

スポンサーリンク

ZHU : レビュー

ONLY feat. Tinashe

2020年単体シングル。R&B/ポップシンガー、Tinashe(ティナーシェ)をフィーチャーする意外なコラボレイト。

ZHUらしい上昇するベースライン、シンセ、Tinasheの対照的なボーカルがアクセントとなったダイナミックなトラック。

ZHU, Tinashe – ONLY

 

 

Chasing Marrakech

iphone xsのTVCMに採用されたHudson Mohawkeのようなトラップビートとオリエンタル×アラビアンな組み合わせ。

ZHU – Chasing Marrakech (Audio)

▼アップルCM特集はこちら▼

【洋楽】最新 アップルCMソング 25選【カッコイイ】
カッコイイCMソングの代表格と言えばやはりiphoneをはじめとするApple製品群のものが最初に頭に浮かびますね。最近、最新のアップル製品で使われているCMソングを厳選してご紹介します。映像、曲、ブランドが完全に調和されているCMと曲を対比しながら聴いてみてください。

 

ZHU, Tame Impala – My Life

アルバム『RINGOS DESERT』より。

オーストラリアを代表するサイケプロジェクト、Tame Impalaをフィーチャーした同じオーストラリアのバンド、Mildlifeのようなスペイシーエレクトロニックチューン。

ZHU, Tame Impala – My Life (Audio)

 

 

 

Coming Home feat. Majid Jordan

アルバム『RINGOS DESERT』より。

カナダの注目R&Bデュオ、Majid Jordanをフィーチャーしたキラキラしたシンセと甘いコーラスのエレクトロR&Bチューン。おススメ。

ZHU – Coming Home (feat. Majid Jordan) [Official Audio]

 

 

As Crazy as It Is feat. A-Trak & Keznamdi

カナダのDJ、A-Trakとルーツレゲエシンガー、Keznamdiをフィーチャーしたヒップホップ仕立ての独特なグルーヴ感がフロア映えしそうな一曲。

ZHU – As Crazy as It Is (feat. A-Trak & Keznamdi)

 

 

Faded (ODESZA Remix)

グラミーノミネートされた代表曲、”Faded“をシアトルのプロデューサー、Odeszaによりチルなダウンビートにリミックス。個人的に好きなバージョン。

ZHU – Faded (ODESZA Remix)

 

Calvin Harris, Dua Lipa – One Kiss (ZHU Remix)

Portugal The ManLana del Reyなどリミックスワークもこなしている中から、カルヴィン・ハリスとデュア・リパの大ヒット作を煌びやかなシンセとディープなトラックに変身。

Calvin Harris, Dua Lipa – One Kiss (ZHU Remix) (Audio)

 

 

まとめ

ジャンルレスなエレクトロニックサウンドで次世代を引っ張っていきそうなアーティスト、ZHU(チュー)でした。

ULTRA JAPANでのレビューはあまり見当たりませんが、音楽に合わせてスコアリングされた短編アニメーション、ファッションライン、デジタルアートのアクティベーションなどが組み合わされた評価の高いパフォーマンスも見てみたいですね。