ODESZA / インディエレクトロニックシーンのトップクリエイターデュオ

スポンサーリンク
ODESZAElectronic
Pocket

Harrison Mills(ハリソン・ミルズ)とClayton Knight(クレイトン・ナイト)によるシアトルのプロデューサー・ユニット、 Odesza(オデッザ)。

ウェスタン・ワシントン大学学生時からチームを組み始め、卒業後すぐの2012年、デビュー・アルバム『Summer’s Gone』を自主制作リリース。

そのころから変わらず巧みな空間表現、シネマティックでエモーショナルな雰囲気を醸し出すエレクトロニックサウンドによってチルウェーヴ、フューチャーベースシーンにおいて頭角を現していきます。

2015年には新進気鋭のミュージシャンやグラフィック・アーティストなどのに活躍の場を提供するためのレーベル、”Foreign Family Collective“を設立。

LIttle DragonLeon Bridgesらアーティストとのコラボレーションも活発に行い、2016年BEST REMIX ReRECORDING(Say My Name)、2017年にはBEST DANCE RECORDING(Line Of Lights)、BEST DANCE/ELECTRONIC ALBUM(A Moment Apart)でのグラミー賞ノミネートによって、トップクリエイターとしての地位を確立。

2020年にオーストラリアのディープハウス系DJ、Golden Featuresとのプロジェクト『BRONSON』での活動が主軸になっている感がありましたが、2022年に入りODESZA名義でのシングルリリースが戻ってきていますので、ここで取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

ODESZA : レビュー

Love Letter feat. The Knocks

同じエレクトロニックデュオであるThe Knocksをフィーチャーした、ディープなビート&シンセにODESZAらしいドラマティックな展開が表現されています。

ODESZA – 'Love Letter (feat. The Knocks)' (Official Audio)

 

The Last Goodbye feat. Bettye LaVette

BRONSONでの影響を感じさせるややダウンテンポながらもディープハウスな音作りとパワフルなベティ・ラヴェットのボーカルのコラボレーション。

ODESZA – The Last Goodbye (feat. Bettye LaVette)

 

Better Now feat. MARO

Line Of LightsFallsのような広大でドラマティックなオデッザらしいサウンドスケープ。

ODESZA – Better Now (feat. MARO) – Official Visualizer

 

インディエレクトロニックシーンのトップクリエイターデュオ、 Odesza(オデッザ)でした。

非常に有機的なサウンドを作り上げるスケールの大きい二人組ですね。最新アルバムリリースも近いのではないでしょうか。

当サイトでも「チル・ヒップホップ」の側面で取り上げてますのでこちらもチェックしてみてください。

【 チル・ヒップホップ 】進化し続けるハイブリッドサウンド 11選
プレイヤー/リスナーともにミレニアル世代後半からZ世代が中心となり、様々な音楽を吸収、チョップアンドスクリュードしながら進化し続けるモダンなハイブリッドサウンドが生まれてきます。今回はそんなハイブリッドサウンド、ここではチルヒップホップ~ポストヒップホップとして、世界各国11のアーティストをご紹介します。