少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Indie

Ginger Root / ソウルベースのカリフォルニア産ベッドルームポップ

更新日:

Pocket

カリフォルニアベースのアジア系セルフプロデュースDIY型シンガーソングライター、 Ginger Root (ジンジャー・ルート)。

ソウルベースのベッドルームポップといった感じで、カリフォルニアらしい明るさとラフさを兼ね備えていて、メロディも人懐っこく非常に聴きやすいサウンドを提供してくれます。

Toro Y Moi、Vulppeck、Mac DeMarco、Jay Som、Mockyのような現代の要素とStaxやPhilly Soulの影響を受けたソウルが交じり合う、程よいノスタルジックさ加減と、彼のビジュアルからもうかがえる「のほほん」とした雰囲気がボーカルにもサウンド全体からも伝わってきて、家のBGMとして聴くのにピッタリな、まさに「ベッドルームポップ」な音楽です。

アルバムは2017年ミニアルバム「Spotlight People」、フルアルバムも2017年「Toaster Music」。そして2018年「Mahjong Room」を6月にリリース。これは「麻雀ルーム」と読むのかな?・・・そうですね。

 

どうですか?この「のほほん」とした少年。でも音楽はなかなかのキレものですよ。

当ブログでも取り上げたToro Y Moi、Mocky好きにはおススメです。

 

Review(レビュー)

 Ginger Root - Mahjong Room

最新作「Mahjong Room」よりタイトル曲。MVで3人麻雀やってますがあまり曲とは関係ないのかな?ベースラインがラフでクールなチルウェーブ

 

 

Two Step

MVの自主製作感がすごいですが・・・シンプルなウェストコースト・インディポップ

 

 

Jeanie

ボーカルも切なげのメロディアスなラブソング

 

 

Belleza

初めてGinger Rootを知った曲。聴きやすさ抜群のベッドルームポップ

 

 

Call It Home

印象的なボーカル・レンジとシンセフレーズがクール

 

 

Brooklyn

お気に入り。70年代ノスタルジックさとサウンドとコードワークが見事にマッチ。曲はBrooklynだけどなぜかMVは日本。

 

まとめ

ソウルベースのカリフォルニア産ベッドルームポップ、 Ginger Root でした。

見た目とは裏腹に(失礼)、しっかりと練られたコード進行とサウンドワークでいつでもどこでも聴きやすい音楽なので、家でも外でもBGMとして活躍してくれると思いますよ。

 

 

 

 


洋楽ランキング

-Indie
-,

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。