少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Crossover

Hollie Cook / メロウで爽やかトロピカルバイブレーション

更新日:

Pocket

イギリス、ウェストロンドン出身のキーボーディスト、シンガー。伝説的パンクバンド、セックスピストルズのドラマーPaul Cookを父に持ち、カルチャークラブのバックボーカルを務めていたJeni Cookを母に持つ、 Hollie Cook (ホリー・クック)。

70年代から活動しているイギリスの女性ポストパンクバンドで、70年代後半にはレゲエ・ダブの手法を取り入れたその後のポストパンク・ニューウェーヴの路線を切り拓いていった"The Slits"が、2000年代に再結成した時のメンバー(キーボード)としても参加していています。

そのバンドの中心人物であったボーカルの"アリ・アップ"が、2010年に惜しくも他界してしまったことからバンドは事実上の解散となりますが、その影響下からかソロ活動においてもイギリスのレゲエプロデューサーであるPrince Fatty(プリンス・ファッティ)と組み、ラバーズロックレゲエを中心とした楽曲をリリースしています。

Janet Kayを彷彿とさせるイギリス的、ジャマイカンヴィンテージ+メロウで爽やかなトロピカルバイブレーションなレゲエを聴かせてくれます。

まさにこの時期にピッタリ!

Discography(アルバム)

Hollie Cook (2011)
Twice (2014)
Vessel of Love (2018)

最新版は「Vessel of Love」、2018年2月にリリース。

Review(レビュー)

最新作「Vessel of Love」から。トロピカルでキュートなキラーチューン!"Survive"

 

こちらも「Vessel of Love」から。グルーヴィなリディムが特徴的な"Stayin' Alive"

ルーツスタイルを前面に出した楽曲とホーンセクションが印象的な、"Angel Fire"

 

お気に入りの曲。サイケトロピカルポップといった趣き、途中のスチールドラムも印象的、"Postman"

 

メロウでキュートなラバーズロック、シンセの使い方も効果的!"99"
BGMとしてもおススメ。

ファーストアルバム「 Hollie Cook 」のオープニング。この曲で彼女のスタイルを決定付けたと言っても良いでしょう。"Milk & Honey"

ヴィンテージ感溢れる甘美なラバーズロック!

" Hollie Cook "でした。サイケでポップなトロピカルレゲエは今の季節にピッタリです。海へ山へBGMとして持参してはいかがでしょうか。

最新作「Vessel of Love」の試聴はこちらから。


洋楽ランキング

-Crossover
-

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。