Hollie Cook / メロウで爽やかラヴァーズロック

Crossover
スポンサーリンク
Pocket

イギリス、ウェストロンドン出身のキーボーディスト、シンガー。伝説的パンクバンド、セックスピストルズのドラマーPaul Cookを父に持ち、カルチャークラブのバックボーカルを務めていたJeni Cookを母に持つ、ブリティッシュ・ラバーズレゲエシンガー、 Hollie Cook (ホリー・クック)。

70年代から活動しているイギリスの女性ポストパンクバンドで、70年代後半にはレゲエ・ダブの手法を取り入れたその後のポストパンク・ニューウェーヴの路線を切り拓いていった“The Slits”が、2000年代に再結成した時のメンバー(キーボード)としても参加していています。

そのバンドの中心人物であったボーカルの”アリ・アップ”が、2010年に惜しくも他界してしまったことからバンドは事実上の解散となりますが、その影響下からかソロ活動においてもイギリスのレゲエプロデューサーであるPrince Fatty(プリンス・ファッティ)と組み、ラバーズロックレゲエを中心とした楽曲をリリースしています。

Janet Kayを彷彿とさせるイギリス的、ジャマイカンヴィンテージ+メロウで爽やかなトロピカルバイブレーションなレゲエを聴かせてくれます。

 

スポンサーリンク

Discography(アルバム)

Hollie Cook (2011)
Twice (2014)
Vessel of Love (2018)

 

Review(レビュー)

Survive

2018年「Vessel of Love」からおススメ。トロピカルでキュートなキラーチューン!

Hollie Cook – Survive (Official Music Video)

 

 

Stayin’ Alive

ドライブするベースライン、グルーヴィなリディムとサビの伸びやかなメロディに思わず身体も揺れる。

Hollie Cook "Stay Alive"

 

 

Angel Fire

ジャマイカンルーツスタイルを前面に出した楽曲とホーンセクションが印象的なレトロバイヴ。

Hollie Cook "Angel Fire"

 

 

Pstman

お気に入り。サイケトロピカルポップといった趣き、途中のスチールドラムも印象的。

Hollie Cook – Postman (Official Video)

 

 

Milk & Honey

ファーストアルバム「Hollie Cook」のオープニング。この曲で彼女のスタイルを決定付けたと言っても良いでしょう。ヴィンテージ感溢れる甘美なラバーズロック!

Hollie Cook – Milk & Honey

 

 

まとめ

メロウで爽やかトロピカルバイブレーション、魅惑のUKラヴァーズロックシンガー、 Hollie Cookでした。サイケでポップなトロピカルレゲエをもってキャンプに行きたくなりますね。

▼あわせて読みたいShaggyはこちら▼

Shaggy (シャギー)/ 世界のトップに君臨するレゲエミュージシャン
ワールドワイドなレゲエトップミュージシャンとして君臨している、 Shaggy (シャギー)。数々のビッグヒットとグラミー賞ノミネート(7回)、および受賞(2回)を誇り、最近ではStingとのコラボレーションも好評。今回は新作『Hot Shot 2020』収録曲+αでシャギーの代表曲を聴いていきます。


洋楽ランキング