Camp Lo / ストレートな90年代ヒップホップの楽しさ

Hip Hop
Pocket

90年代ゴールデンエイジ・ヒップホップの名作から。ヒップホップが隆盛を極めた90年代も中盤に差し掛かり、2PacとNotrious BIGが巻き込まれた東西ギャングスタ抗争が深刻化し、やや重たい雰囲気が漂う中彗星のごとく現れたのが、千葉真一をもじったSonny Cheeba(サニー・チーバ)ことSaladine Wallace(サラハディーン・ウェルス)とEmerald Geechie Suede(ギーチー・スエード)からなるヒップホップデュオ、 Camp Loでした。

 

当時の東海岸系ヒップホップはATCQ(A Tribe Called Quest)やDJ premierのGangstarrを代表とした短いフレーズのサンプリングループや極端にカットしたサンプリングソースの組み合わせがサウンドプロダクトの主流で、そんなトレンドや空気感を良い意味で空気読まないで痛快に切り裂いた、70年代サウンドのサンプリングネタを潔くそのまんま使った手法が非常に新鮮で、彼らのデビューアルバム “Uptown Saturday Night”は空前の大ヒットを記録。皮肉にもこのアルバムが衝撃過ぎてその後アルバムをいくつか出していますが、セールス的にはあまり成功できず「一発屋」的な存在になってしまいました。

その名作「Uptown Saturday Night」からレビューしましょう。

スポンサーリンク

– Camp Lo – レビュー –

Luchini AKA This Is It

衝撃的だった1stカット。Dynastyの”Adventures In The Land Of Music”イントロまんま使いの”Luchini AKA This Is It”

Camp Lo – Luchini AKA This Is It (Official Video)
Adventures In the Land of Music

 

Rockin’ It A.K.A. Spanish Harlem

以前当ブログでも紹介したLoose Endsの”A Little Spice”で使われているキャッチーなピアノループとファンキーなオールドスクールスタイルのトラックが実に痛快。

 

Coolie High

ジャネットジャクソンの「Funny How Time Flies」のフレーズを浮遊感たっぷりに使った90年代メロウヒップホップの決定版!

Camp Lo – Coolie High
Funny How Time Flies (When You're Having Fun)

 

Black nostaljack A.K.A Come On

こちらも潔いCurtis Mayfieldの名曲”Tripping out”まんま使いの”Black nostaljack A.K.A Come On”

Camp Lo – Black Nostaljack AKA Come On (Video Version With Titles)

 

まとめ

その他Cal Tjader使いの”Sparkle“、Deodato使いの”Park Joint“等々ストレートなヒップホップの楽しさを感じさせてくれる曲が目白押し!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

DJランキング