Miller Blue / UKの新星ジャンルレス・サウンドメイカー

Miller BlueNeo-Soul
Pocket

イギリスのシュロップシャー州にある小さな町で育ったプロデューサー、シンガーソングライターの Miller Blue (ミラー・ブルー)。

父親の趣味のシンセとヒップホップやジャズを聴いて育ち、17歳ころから自身で音楽を作り始めSoundcloudへアップロードし音楽活動をスタート。

2019年初頭にデビューEP「Cotton」をリリース、その後Miller Blueが自身のプレイリストにKanSanoの「Sit At The Piano」を入れていたことがきっかけで、そのKanSanoと組んだ「House Of Mine (Sit At The Piano)」を共同制作し日本でも話題に。

エレクトロニック・サウンドをベースに、R&B、ジャズの要素、ソウルフルなボーカルとリリシズムを融合させた音楽性は、J Dilla、Erykah Badu、James Blake、Chet Fakerなどからの影響を感じさせるジャンルレスなもの。

2020年にEP『Sunflower』、2021年EP『Tree of Tenere』をリリースし、Colors、4Music、Mahoganyなどのライブセッションから各ストリームでもコアな音楽ファンから高い人気を誇るアーティストです。

そのMiller Blueからおススメ紹介。

スポンサーリンク

Miller Blue : レビュー

Rush

デビューEP「Cotton」より、ギターサウンドと太めのシンセベース、表情豊かなボーカルに惹きつけられる作品。

Rush

Kan Sano – House Of Mine (Rework of Sit At The Piano) 

インストルメンタル曲”Sit at the Piano”をサンプリングループしMiller Blueによるボーカルを乗せたリワーク。

Kan Sano – House Of Mine (Rework of Sit At The Piano) [Official Audio]
Sit At The Piano

Miller Blue, Ahwlee – Me, Myself & I

LAロングビーチの注目ビートメイカー、Ahwleeとのコラボ作。ジャジー&チルですねぇ、おススメ!

Miller Blue, Ahwlee – Me, Myself & I (Official Visual)

UKの新星ジャンルレス・サウンドメイカー、 Miller Blue (ミラー・ブルー)でした。

インディサウンドからエレクトロニック、R&B、ソウル、ジャズなど様々な影響を上手く取り入れたアプローチはMac AyresBruno MajorJordan Rakeiらともシンクロする現代のネオソウル~インディR&Bの潮流ですね。