Jack Page / しっとり聴かせる大人のモダン・ネオソウル

Jack PageNeo-Soul
Pocket

ニュージーランド出身のシンガーソングライター、マルチプレイヤーの Jack Page (ジャック・ペイジ)。

ライブやセッションで活躍するミュージシャンとしてニュージーランド国内で活動後、2020年にシングル『Sunrise』でデビュー。

ニュージーランドといえばJordan Rakeiに代表される上品でしっとりとしたモダン・ネオソウルやオルタナティブR&Bを連想しますが、このジャック・ペイジもその流れを汲むリラックスした大人のネオソウルを聴かせてくれます。

2020年、2021年にセッションミュージシャンらしく2枚のライヴアルバムのリリース、シングルはスタジオ録音ものが4曲と、まだまだこれからですが今のうちの早めのチェックといきましょう。

スポンサーリンク

Jack Page : レビュー

Halfway

どこまでも優しい気持ちにしてくれるAORテイストの上品なネオソウル。サビが堪らないですね。

Halfway – Jack Page

 

Play That Too

しっとりとしたヴィンテージ感のあるブルーアイドソウル。

Play That Too – Jack Page
Play That Too [Live] – Jack Page

 

Sunrise

ジャズのバックグラウンドも感じさせる、アコースティックとモダンプロダクションの融合。

Sunrise – Jack Page

 

しっとり聴かせる大人のモダン・ネオソウル、 Jack Page (ジャック・ペイジ)でした。

Jordan RakeiのようなネオソウルとBenny Singsのようなポップセンスにジャズのバックグラウンドを融合したサウンド・パレットは、近年流行のネオソウル、オルタナティブR&Bの中でも注目させる存在になりそうです。