Crossover Neo-Soul

Zoe’s Shanghai / バルセロナ発のレアルネオ・ソウルバンド

投稿日:

Pocket

スペイン、バルセロナを拠点にメインボーカル&ギターのZoé Renié(ゾー・レニー)ベースのAlex Molas(アレックス・モラレス)、ドラムのAurélien Landy(アウレリアン・ランディ) 、キーボードのTomàs Fosch(トマス・フォッシュ)の4ピース・ジャジーネオソウルバンド、 Zoe’s Shanghai (ゾーズ・シャンハイ)

豊かなメロディーとフェンダーローズの音色、軽快なパーカッション、ソウルフルなボーカルはHaiatus Kaiyoteをはじめとする現代ネオソウルの流れを汲んでいて、英語歌詞なのでてっきりオーストラリアの新しいバンドかな?なんて思ってましたがスペインと、ちょっと意外ですね。

ジャイルズ・ピーターソンのWorld Wide Cafeでも取り上げられるなど、これから徐々にシーンに出てくるのではないかと期待しています。

2019年9月にリリースされたEP”A Mirage (Mean To Forever)”からレビューします。

 

レビュー

 Zoe’s Shanghai – Liquid We

このバンドのアイデンティティを表しているようなジャジー・ネオソウルサウンド。”Brownswood Bubblers“にフィーチャーされそうなジャイルズ・ピーターソン好み(=筆者も好み)な曲ですね。

 

 

 Zoe’s Shanghai – No Cure

ギターとフェンダーローズが泣かせるミディアムR&B。

 

 

 Zoe’s Shanghai – That Hill

オーガニック感のあるジャジーネオソウル。

 

 

 Zoe’s Shanghai – 101

Khruangbin(クルアンビン)ぽい緊張感とレイドバック感のあるインストルメンタル。

 

 Zoe’s Shanghai – Two To Tango

The Rebirth的なジャズファンクとユニークなフレーズの刻みが印象的。

 

まとめ

バルセロナ発のレアルネオ・ソウルバンド、 Zoe’s Shanghai (ゾーズ・シャンハイ) でした。ところでShanghai=シャンハイ(上海)の由来はなんでしょうかね?調べてもそこが不明でした・・・引き続き調査中。

 

 

-Crossover, Neo-Soul

執筆者:

関連記事

【ネオ・ソウル】ニュージーランド・オーストラリア発のネオソウルがアツい!

前々回のJordan RakeiやWalleceもそうですが、ニュージーランドやオーストラリア発のオセアニア系ネオソウルが、ここ数年個人的にもかなり旬な存在になっています。 R&Bをベースに民 …

August Greene コモン、ロバート・グラスパー、カリエム・リギンスによる新たなセッションバンド

2月に結成の一報が入ってから楽しみに待っていたコモン(rap)、ロバート・グラスパー(P)、カリエム・リギンス(Dr)による新たなセッションバンド、” August Greene &#82 …

Late Night Tales – 夜に聴きたい音楽はコレで決まり!な2選

ゴールデンウェークも近づきつつあり、まとまった時間でじっくり音楽に浸りたいときにオススメ、 「夜に聴く音楽」をコンセプトに様々なアーティストがコンパイル監修するコンピレーションシリーズ”L …

Kaidi Tatham ロンドン・クロスオーヴァーシーンの番長

スーパーグループ『 Bugz In The Attic 』や『 The Herbaliser 』のメンバーとして、そして4HeroのDegoとのコラボ『 2000 Black 』など常にクロスオーバー …

UMI / 学問と両立!女子大学生ローファイR&Bシンガー

シアトル生まれのLA在住で南カリフォルニア大学に通う現在19歳のネオ・ソウル、ローファイ・オルタナティブR&B系シンガーソングライター、Tierra Umi Wilsonこと UMI (ウミ)。 現代 …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。