R&B

【洋楽】今聴きたいビタースウィートな フィメールR&B

更新日:

Pocket

今聴きたいビタースウィートな"フィメールR&B"と題し、今年2020年に活躍が期待される女性R&Bシンガーを中心にバレンタインデー~ホワイトデーの季節感をともないながらミディアム~スローヴァイブが美しい11曲をご紹介します。

この寒い季節から春にかけてのBGMに是非取り入れてみてください。

 

 

レビュー

#1 Alex Mali - Start It Up

NY、ブルックリン出身の新鋭R&Bシンガー、アレックス・マリのデビューEP、「 Sweet & Sour 」からのファーストカット。Ella Maiの”Boo'd Up"の次はこの曲なんじゃないかと感じる、長く聴けるタイプの極上アーバンスウィートチューン。特にサビが甘く切なくて最高。おススメです。

 

 

#2 Nao Yoshioka - Got Me

2018年よりアメリカを拠点として孤軍奮闘しながらも着実に評価を得てきた日本人ソウルシンガー、吉岡奈緒の最新カット。最新アルバム『Undeniable』からのファーストカットですが、イイですね!実力は折り紙付き、あとはもう世界的にブレイクするのみ。

 

 

#3 QUIN - Into You

LA出身で自らの音楽を“fantasy soul”と標榜する若手シンガー、クインの2ndアルバム「LUCID」より。独特の高音ボイスとJMSNを彷彿とさせるギターリフとフワフワとまったりと進行するトラックが気持ちいい。

 

 

#4 Alina Baraz - Trust

オハイオ出身のエレクトロR&B~チル・ウェーヴ系シンガー、アリーナ・バラズ。彼女の神秘的な美しさが映えるMVとドラマチックでダイナミックに展開されるアルタナティブなサウンドが素晴らしい。

 

 

#5 Zilo - Sweet Like

ロンドンを拠点とする若手R&Bシンガー、Ziloのセカンドアルバム「Gorgeous」より。ゆったりとした横揺れグルーヴ感が気持ちいいHip-Hop/R&B的なミッドチューン。

 

 

#6 Shay Lia - Good Together

KaytranadaやBBNGとのコラボでも知られるカナダ、モントリオール出身のシンガー、シャイリアの待望のアルバム「Dangerous」より。Anderson .PaakのプロダクトワークをしているPOMOによるグルーヴィでセンス抜群なサウンド。このシャイリアのアルバムは全曲おススメです。

 

 

#7 Secret Rendezvous - Back In The Day

オランダ、アムステルダムの男女デュオ、シークレット・ランデヴーズ。曲名は「Back In The Day」と、どこか親しみのあるサウンドと90年代的な要素が散りばめられたビター・スウィートなインディR&B。

 

 

 

#8 ilham - In Too Deep

NY、クイーンズブリッジ出身の新鋭シンガー、イルハムのデビューEP「With Time」より。トラップ系トラックとアコースティックギターが交錯するタイトル通りのディープなサウンド。

 

 

#9 Moxie Knox - Love Me Light

NY、ブロンクス出身の若手ソングライター、モクシー・ノックス。ソウルフルで官能的な、ある意味ストレートでコンテンポラリーなR&Bをリリースしていますが、この曲もコンテンポラリーでビターな正統派R&B。

 

 

#10 Jamesdavis - Something Talk About

MOTOWNに所属するLAベースの3人組ソウルグループ、JAMESDAVIS(ジェイムスデイビス)の最新アルバム「Masterpeace」からのシングルカット。正統派現代ソウルに双子姉妹のジェスとレイのボーカルワークと弟のオーストンが絡み合うミッドソウルチューン。

 

 

#11 PJ Morton feat. JoJo - Say So

グラミーウィナー、PJ Mortonと人気ポップシンガー、JOJOによるバレンタインにぴったりな大人のラブソング。

 

まとめ

今聴きたいビタースウィートな"フィメールR&B"9選でした。これからの活躍が期待されるR&Bシンガーが目白押し!気に入ったアーティストがいたら是非掘ってみてください!

 

-R&B

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。