Electronic

Moon Boots / NY発のおしゃれクラブミュージック

投稿日:2018年11月21日 更新日:

Pocket

NY、ブルックリン出身のDJ、プロデューサーのPete Doughertyによるプロジェクト、 Moon Boots (ムーン・ブーツ)。クラシカルなメロディーと暖かいハーモニー、そしてソウルフルでメロディックなサウンドが魅力のクラブミュージック。

Daft Punkや A Tribe Called Quest 、Herbie Hancockに影響を受け、プリンストン大学を卒業、エンジニアリング学位を捨てて音楽の世界に入ります。

シカゴに居を移しデモを地元のDJに配ることから始め、ラッパーのLupe FiascoやFrench Expressレーベルの創設者であるPerseusとの出会いにより注目を集める存在となり、ジャズ、ハウス、ファンク、ソウルを融合した彼独自のサウンドプロダクションを形成していきます。

その音楽はどの曲もオシャレ!フロアでもBGMでも栄えること間違いなしな、ほど良い華やかさとソウルフルでメロディアスな曲ばかり。

アルバムは名盤「First Landing」を2017年リリースし、2018年にはそのリミックス盤もリリースしています。

 

Review(レビュー)

I Want Your Attention feat. Fiora

抑えめの女性ボーカルにメロディアスなシンセが心地いいおしゃれサウンド。

 

 

Keep The Faith feat. Nic Hanson

フィラデルフィアのR&Bシンガー、Nic HansonをフィーチャーしたスペイシーなエレクトロR&B

 

 

Fortune Teller feat. Kona

おススメ。切ないメロディとハーモニー、煌びやかなシンセが織りなす極上メロディアックサウンド!夜に聴きたくなりますね。

 

 

Whatever You Need

コード進行が気持ちいい正統派四つ打ちサウンド。

 

 

Moon Boots – Tear My Heart feat. Lulu James (Marquis Hawkes Remix)

“First Landing – Remixed”より。ベルリンを拠点にするロンドン出身ハウス・プロデューサー、マルキス・ホークスによるファットドラム&ベースなフロア向けリミックス。

 

まとめ

NY発(シカゴ経由)のおしゃれクラブミュージック、 Moon Boots でした。

いかがでしたでしょうか。さっきっから「おしゃれ」としか言ってませんが、いや、おしゃれですよね。フロアだけじゃなく、BGMとしてもかなり重宝するのではないでしょうか。

 

 

 


DJランキング

-Electronic

執筆者:

関連記事

HONNE 建前と本音を操るエレクトロ・デュオ

イギリス、ロンドンを拠点とするJames Hatcher (ジェームス・ハッチャー) と Andy Clutterbuck (アンディ・クラッターバック)による エレクトロ・デュオ・プロジェクト。かな …

Toro y Moi トロ・イ・モア チルウェーヴの代表格

サウスカロライナ州出身、現在はLAを活動拠点としている、若手エレクトロ・シンセポップ、チルウェーヴの代表格とでも言いましょうか、アフリカンアメリカンの父とアジア系の母を持つ、どこか日本人にも親しみやす …

SG Lewis / 話題と注目を集める新鋭エレクトロ・プロデューサー

イギリス、リバプールをベースに活動する若手エレクトロニックDJ、プロデューサー、Sam Lewisこと SG Lewis (SGルイス)。 元々地元リバプールのクラブ「Chibuku 」でのレジデント …

Go Go Penguin 科学的ジャズの新世界

イギリス、マンチェスター出身の3人組新鋭、ブルーノートUK所属のジャズ・エレクトリカグループ Go Go Penguin (ゴー・ゴー・ペンギン)。ドラマーのロブ・ターナー、ダブルベーシストのニック・ …

Polographia – オシャレ感満載なシンセポップ

オーストラリア、シドニー出身のエレクトロニックポップデュオ、Polographiaの2016年作。 前々回紹介した、PREPに近い80年代風シンセポップ+涼しげなギターがこれからの季節にピッタリなBG …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。