【真夜中のBGM】夜のドライブにおススメ ジャジーエレクトロニック6選+α

夜のドライブElectronic
スポンサーリンク
Pocket

 夜のドライブ (ナイトドライブ)は好きですか?

そんな人にピッタリ。いや、ドライブだけじゃなく家で寛ぐ時間、作業している時間でもBGMとしても気持ちイイUK産のジャジーディープハウス、エレクトロニックミュージックを6選+スイス産1選をご紹介します。

夜~夜中に聴くことをおススメする、ややマニアック、ディープなクラブミュージックですが、BGMとしてもイケる都会的で落ち着いた曲ばかり。夜のドライブにピッタリな内容です。

スポンサーリンク

夜のドライブにおススメ UK産ジャジーエレクトロニック6選+α

夜のドライブ

Chaos In The Cbd & Lee Pearson Collective feat. K LaDawn & Joe Armon Jones

最近じわじわとロンドンシーンでも存在感が増してきたニュージーランド出身でロンドンで活動する兄弟ハウスユニット、Chaos In The CDBとLarry Heardも絶賛するシカゴの王道派ハウスプロデューサー、Lee Pearsonによる強力マッシュアップ。

そこにロンドンジャズシーンのフロントマンであるJoe Armon-Jonesまでが絡む豪華顔合わせに、K LaDawnの妖艶ボーカルが響く鉄板ジャジー・エレクトロニックミュージック。

It's up to Me (feat. K LaDawn, Joe Armon-Jones)

 

DieMantle- Spirit World

英ブリストルのドラムンベース人気DJ、プロデューサーのDJDieと若干19歳、英ブライトンの新鋭プロデューサー、Will Knightonのソロプロジェクト、Dismantleによるベテラン&若手コンビ、Diemantle。

ホーンサンプルとベースラインが全体をタイトに引き締めるアーバン・ナイトエレクトロ。

DieMantle- Spirit World [Official Video]

 

JAB – Directions

Theo Parrishとのインスピレーションあふれるツアー同行や、クラブイベントSoul Summit NYCでの体験に基づいて書き下ろされた、UKのパーカッショニスト、プロデューサー、JABによるオルガン、ビブラフォン、パーカッションがスペクトラムに波打つスペイシーなジャズ・ファンクジャム。

Directions

 

Steve Spacek – Rawl Aredo

UKフューチャーソウルの代名詞的バンド、Spacekの中心人物であるベテランシンガー、Steve Spacekヘンリー・ウー主宰レーベルBlack Focusからの2020年最新アルバム、「Houses」より。

スウィンギンなジャジーブロークンビーツに乗るいぶし銀なファルセットボイスがシブい安定のジャジー・エレクトロニックミュージック。

Steve Spacek – Rawl Aredo (Official Audio)

 

Yadava – Good Mourning

最近メキメキと力をつけてきたマンチェスターの若手プロデューサー、Yadavaによるピアノが印象的に鳴り響くジャジー&スピリチュアルなモダン・エレクトロサウンド。

この人の作品はどれも素晴らしいUKアンダーグラウンドなディープハウス、ジャジー・エレクトロニックサウンドを聴かせてくれます。おススメ。

Good Mourning

 

Seb Wildblood – Jazz Vol.1

UKモダンハウスの人気レーベル、Church等を主宰するUKディープハウスの重要人物、Seb Widbloodが放つ、名前からしてストレートなジャジーディープハウス。

淡々と刻まれるリズムトラックにサックスが鳴り響く、無心で音に身をゆだねるにはピッタリなサウンド。

Seb Wildblood – Jazz Vol.1

 

Shaka – Resist

スイス、バーゼルのベテランDJ、Resistによるクラシックでモダンなアシッドハウス風トラックに、Rhodesソロが気持ちよく鳴り響くクラブジャズハウスモンスターなサウンド。ナイトドライブにピッタリな気持ちイイ作品。

Shaka – Resist

 

まとめ

ナイトドライブにおススメ UK産ジャジーエレクトロニック6選+αでした。どうですか?走り出したくなりましたか?是非ナイトドライブのお供におススメ7曲をあなたのプレイリストに追加してみてください。