Serena Isioma / 遊び心が詰まったインディポップ・ソウル

スポンサーリンク
Serena IsiomaIndie
Pocket

ナイジェリア系アメリカ人でシカゴを拠点にするシンガーソングライター、 Serena Isioma (セレナ・イシオマ)。

ヒップホップの感性とネオソウル、インディロック、ベッドルームポップをシームレスに組み合わせたローファイサウンドと、瑞々しさのあるボーカル表現力は女性版Steve Lacy、あるいはArlo Parksのインディポップ版とでもいうような感性の持ち主。

2019年18歳でシングル『Do I Make You Nervous』でデビューし、2020年には『Sensitive』、『The Leo Sun Sets』の2つのEPをリリースしています。

ロックやファンク、ソウル、R&Bのエッセンスを絶妙なタッチで切り取りコラージュしていく作品は、どの曲もメロディアスで遊び心が詰まった作品ばかりでおススメです。

スポンサーリンク

Serena Isioma : レビュー

King

The Leo Sun Sets』のオープニングトラック。

重厚なベースラインと爽快なギターサウンドで疾走するインディロックど真ん中な作品。

Serena Isioma – King (Music Video)

 

Meadows in Japan

こちらも『The Leo Sun Sets』より。

友人とも気軽に会えない現状を「日本の草原を駆け抜けたい」というキーワードで表現するメロディアスなローファイ・インディ。途中からのビートアレンジもイイですね。

Serena Isioma – Meadows in Japan (Music Video)

 

Stop Calling The Police On Me

こちらも『The Leo Sun Sets』より。

非常に気持ち良いグルーヴ感に包まれるドリーミーでロマンティックなインディポップ・ソウル。

Serena Isioma – Stop Calling The Police On Me

 

Sensitive

Sensitive』からのタイトルトラック。

瑞々しさのあるアルタナティヴR&Bサウンドとは後半にスローダウンする凝った展開。

Serena Isioma – Sensitive (Music Video)

 

Valentina

こちらも『Sensitive』より。

繊細なメロディの美しい音色のギター、コーラスが織りなす絶妙なブレンド具合のインディソウル。

Valentina

 

Do I Make You Nervous

個性的で遊び心のあるアレンジが素晴らしいデビュー作。

Do I Make You Nervous

 

まとめ

遊び心が詰まったインディポップ・ソウル、Serena Isioma(セレナ・イシオマ)でした。

The Leo Sun Sets』、『Sensitive』どちらもオルタナティヴR&B、インディR&B好きにはおススメの内容です。

Orion Sunのツアーサポートもしており、確かに通ずるところがありますね。Orion Sun好きにも是非。