Electronic Hip Hop

Channel Tres / 洗練された現代版ヒップハウス

投稿日:

Pocket

カリフォルニア州コンプトン出身のDJ、プロデューサー、 Channel Tres  (チャンネル・トレス)。

コンプトンといえばGファンク。NWA、Dr.DRE、The Game、Kendrick Lamorとウェストコーストヒップ・ホップの聖地にような場所ですが、このチャンネル・トレスは現代版ヒップハウス・・・といった趣き。90年代のデトロイトテクノやヒップハウスを現代的にアレンジしたタイトなトラックにリフレインを意識したようなリリックを乗せたループするグルーヴが特徴的。

フルアルバムはまだ展開されてませんが、2018年EP「 Channel Tres 」、2019年EP「 Black Moses 」と散発的にシングルをリリースしています。

 

 

レビュー

Channel Tres – Controller

Channel Tres-EPより。デトロイトテクノ的なバウンスビートとChannel Tresの呪文のような低く深い声が共鳴する代表作。

 

 

Channel Tres – Topdown

Controllerをよりディープにしたようなゲトーテック。

 

 

Channel Tres – Sexy Black Timberlake

Black Moses – EPより。ミニマルで無機質なビートの中にメロディアスなサビ、高音のシンセ音がウェッサイっぽい不思議な曲。

 

 

Channel Tres – Brilliant Nigga

トライバルビートとフルート音がとってもグルーヴィ。この曲はデトロイトというよりNYガラージっぽい展開でどこか幻想的。

 

Channel Tres – Jet Black

ダウンビートテクノ・ミーツ・ヒップ・ホップ!

 

まとめ

洗練された現代版ヒップハウス、 Channel Tres でした。MoodymannやGalcher Lustwerkに近いトラックとコンプトン的ヒップホップルーツな表現が織り交ざった新しいアプローチ。今後の展開、フルアルバムリリースが期待されます。

-Electronic, Hip Hop

執筆者:

関連記事

Toro y Moi トロ・イ・モア チルウェーヴの代表格

サウスカロライナ州出身、現在はLAを活動拠点としている、若手エレクトロ・シンセポップ、チルウェーヴの代表格とでも言いましょうか、アフリカンアメリカンの父とアジア系の母を持つ、どこか日本人にも親しみやす …

Au Dre / 現代版ニュー・ジャック・スイング!

オーストラリアはメルボルンをベースに活動する、男女2人組みのエレクトロニック・ダンス・プロジェクト、 Au Dre (オー・ドレー)。”Au Dré”が正しい表記かな。 オース …

Adrian Younge 超絶濃厚なブラックソウルアルバム

濃厚ブラックソウルプレイヤー&プロデューサー、 Adrian Younge (エイドリアン・ヤング)とATCQ(A Tribe Calle Quest)のDJとしても名高いAli Shaheed Mu …

DRAM 愛されキャラのハイブリッド・ラッパー

2016年にシングル「Broccolli」でブレイクを果たし、今なお勢いそのままにDipleやNeil Youngとのコラボレーションも好評な、愛らしいキャラクターと世界観、歌とラップのハイブリッドで …

RAH Band / 80年代 魅惑のチープエレクトロ

イギリスのプロデューサー、アレンジャー、マルチインストゥルメンタリストであるRichard Anthony Hewsonによるプライベートプロジェクトとして、彼の名の頭文字3文字で名付けられたバンド、 …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。