Peach Tree Rascals / 注目のイージーライフ・コレクティヴ

スポンサーリンク
peach tree rascalsIndie
Pocket

カリフォルニアベイエリア、サンノゼを拠点にする5ピースコレクティヴ、 Peach Tree Rascals(ピーチツリー・ラスカルズ)。

高校時代に結成したメキシコ、フィリピン、パレスチナからの移民二世たちで構成されていて、歌手・ラッパーのIsaac Pech、Tarrek Abdel-Khaliq、Joseph Barrosがフロントに立ち、プロデューサー兼ミキサーのDominic“Dom” Pizano、クリエイティブディレクターのJorge Olazabaが楽曲を作り出すスタイル。

インディーロックをベースにクロスオーバージャズ、ファンク、ヒップホップの要素が交錯するオルタナティブな音楽性と西海岸らしい爽快でイージーライフ感漂う雰囲気が魅力的です。

MTVやビルボードなどの主要メディアに加え、イギリスを代表するインディミュージックサイトのひとつ、『Indie Central Music』の2021年に注目するべきアーティスト”Ones To Watch 2021“にも選出された、要チェックなグループ。

2018年『Gride』をリリース以降、シングルをリリースし続けていましたが2021年3月26日にアルバム『Camp Nowhere』がリリース予定ということで、先取りチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Peach Tree Rascals : レビュー

OOZ

アルバム『Camp Nowhere』からの先行カット。

コーラス、ベースライン、ギターの自然な調和が聴いていて心が安らいでいく、すごく気持ちの良いサウンド。

Peach Tree Rascals – OOZ (Official Music Video)

 

Mariposa

スペイン語で「蝶」の意味。蝶のように人間としての成長を表した曲とのこと。

どこか懐かしく、優しく包み込んでくれるような癒しサウンド。

Peach Tree Rascals – Mariposa

 

Fumari 

キャッチーなコーラスとダンサブルなビート、エネルギッシュなラップが重なるキラーチューン。『Maripiosa』と同様にTik Tokでも人気。

Peach Tree Rascals – Fumari (Official Music Video)

 

Mango

程よいユルさで軽い気持ちになれる春夏BGMにピッタリな作品。

Peach Tree Rascals – Mango

 

Things Won’t Go My Way

切れの良いドラムのリズムとギターラインによるストレートなインディロックにラップ&ボーカルのバランスが絶妙。

Peach Tree Rascals – Things Won't Go My Way

 

まとめ

注目のイージーライフ・コレクティヴ、Peach Tree Rascals(ピーチツリー・ラスカルズ)でした。

ほど良いユルさ、なんでも受け入れてくれそうな自然体のキャラクターが立っている、なかなか良いバンドではないでしょうか。日本でも人気が出そうですね。

ビートルズからケンドリック・ラマーまで影響を受けたという様々なジャンルの要素をさり気なく表現していて、そのあたりのセンスもなかなかのもの。これから要注目です。