Rachel Chinouriri / アフリカンルーツのロンドン・インディポップ

Rachel ChinouririIndie
Pocket

ジンバブエにルーツを持つ南ロンドン出身のシンガーソングライター、 Rachel Chinouriri (レイチェル・チヌリリ)。

ジンバブエから移住してきた大家族に生まれ、彼女が生まれる少し前に南ロンドンのクロイドンに移住。

厳格で伝統的、保守的なアフリカの価値観の中で育ち、家では世俗的な音楽を聴くことを禁じられていた中で、コールドプレイ、ドーター、リリー・アレンなどロック、ジャズ、フォークミュージックををこっそりと聴き、南アフリカのレディスミス・ブラック・マンバーゾなどにも影響を受け、彼女自身の今のスタイルの基礎を築いていく。

アコースティックギターの弾き語りを学び、2016年、17歳で母親のラップトップPCでセルフレコーディングした弾き語りを『Bedroom Tales EP』としてSoundCloudなどのプラットフォームにアップ。活躍が期待されるアーティストを紹介を紹介するプラットフォームBBC Introductionからのサポートを獲得。

その後アデルやエイミー・ワインハウスを輩出した地元クロイドンの名門、BRITスクールに進みミュージカル・シアターを専攻。

断続的に楽曲リリースを行い、2020年には米ワーナー・ミュージック・グループ傘下のレーベルParlophoneと契約。

アコースティックからインディポップ、エレクロポップ、ネオソウルなど様々なジャンルにスモーキーでソウルフルな表現豊かなボーカルが魅力的な、今後の活躍が期待されるアーティストです。

スポンサーリンク

Rachel Chinouriri : レビュー

2022年EP『Better Off Without』より。キュートなフック、リバーブを帯びたギターラインの爽やかなドリームポップ。Spotifyでは1,000万回に迫る再生数を誇る注目曲。

Rachel Chinouriri – All I Ever Asked (Official Music Video)

 

Colors Showより、非常に魅力的なボーカルですね!

Rachel Chinouriri – Thank You For Nothing | A COLORS SHOW

 

2019年デビューEP『Mama’s Boy』よりおススメ曲。インディポップとネオソウルにアフリカの感性も漂う、とてもカラフルでユニークなスタイル。

Rachel Chinouriri – Adrenaline

 

2021年デビューアルバム『Four° In Winterより、R&B、ヒップホップ、ポップスがシームレスにミックスされたリズミカルでメロディックなサウンド。

Rachel Chinouriri – Darker Place (Official Music Video)

 

アフリカンルーツのロンドン・インディポップ、 Rachel Chinouriri (レイチェル・チヌリリ)でした。

なかなかユニークで魅力的なサウンドとボーカルの持ち主。日本でも人気が出そうですね!