少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Indie

Phum Viphurit / バンコク発、低音ボイスがクセになる人気沸騰SSW

更新日:

Pocket

タイ、バンコク生まれで6歳の時に両親とともにニュージーランド、ハミルトンに移住、その後18歳でバンコクにUターンして音楽活動するシンガーソングライター、 Phum Viphurit (プム・ヴィプリット)

ネオソウル、ファンク、ロック、フォークの影響を受けた爽やかで心地よいインディ・ポップサウンドと、顔に似合わず(?)なかなか耳障りの良い低音癒しボイスで、ここ日本、韓国、台湾で人気に火が点き、今やヨーロッパやアメリカでも人気が急上昇している注目のアーティスト。

Phumはタイの小さなレコードレーベル(Rats Records)と契約していますが、SNSやYouTubeで注目され、クラウド・ファンディングを活用してアルバム「Moonchild」を作成するといった、巨大なマーケティングプッシュを受けずにセルフプロデュースで世界的な人気を獲得しつつある、新しいアーティストの形を体現しています。というか、もうそういうプロモーションの形が主流になりつつありますよね。

今年4月に来日公演し、日本の注目インディ・ネオソウルバンドSTUTSやAlfred Beach Sandalとの共演も盛況だったようで、12/4(火)にも再来日公演が決定しています。

 

 

Review(レビュー)

Long Gone

彼の人気が爆発した曲。2017年6月リリースで現在800万回再生中。爽やかなインディサウンドと優しく包み込むようなPhumの歌声がもう最高。サクラタップス5月プレイリストに収録。

 

 

Lover Boy

シンプルでポップなギターサウンド。現時点で2,800万回再生と"Long Gone"より人気が高いですね。

こちらは中国、四川省の成都出身のヒップホップグループ、Higher Brothersとのコラボバージョン。

 

 

Strangers In A Dream

オーガニックなアコースティックサウンドが気持ちいい。MVも面白い。「無印良品」のプレゼント?

 

 

The Art of Detaching One's Heart feat.Jenny & The Scallywags

タイのフォーク/ポップバンド、Jenny & The Scallywagsとのコラボ。かなりフォーキーですね。

 

 

STUTS - Dream Away feat. Phum Viphurit

おススメ。STUTSサウンドとPhumの歌声が見事にマッチ!

 

Phum Viphurit - Hello, Anxiety

軽快で爽やかなギター&ネオディスコサウンド。

 

まとめ

バンコク発のただいま人気沸騰中シンガーソングライター、低音ボイスがクセになる Phum Viphurit (プム・ヴィプリット)でした。

アジアから世界へ!アジア勢も頑張ってますね!

-Indie
-

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。