Flight Facilities / オーストラリアの人気エレクトロニックデュオ

Flight FacilitiesElectronic
Pocket

オーストラリアを拠点にするHugo GruzmanとJames Lyellによるエレクトロニックプロデューサーデュオ、 Flight Facilities(フライト・ファシリティーズ)。

それぞれ別の音楽活動をしていた彼らが2010年に女性シンガーGiselle Rosselliが書いた曲『Crave You』にフィーチャーされ、オーストラリアを代表する音楽ラジオ局トリプルJを中心にヒット。

これをきっかけにクラブミュージックを中心に世界中で彼らの名前が知れ渡ることになり、2014年デビューアルバム『Down to Earthをリリース。このアルバムではKylie Minogue, Emma Louise, Reggie Wattsなどなどクラブミュージックシーンでも人気のあるアーティストをフィーチャーしMVのクオリティの高さも手伝いオーストラリアレコード産業協会(ARIA)でゴールド認定を獲得。

クラブミュージックのタイトでスペイシーな音作りにポップな要素を散りばめることで取っつき易い、日常の中でも触れ易いサウンドに仕上げていて、EDMやクラブミュージックファンでなくても入りこみ易いサウンドです。

2021年には7年ぶりとなるセカンドアルバム『FOREVER』がリリースされており、Channel Tres、Your Smith、DRAMAなど今回も旬なアーティストとのコラボレーションが楽しめます。

ではそのFlight Facilitiesからおススメをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

Flight Facilities : レビュー

Lights Up feat. Channel Tres

アルバム『FOREVER』からのオープニングトラック。カッコイイですね。

Flight Facilities – Lights Up feat. Channel Tres (Official Video)

 

Heavy feat. Your Smith

Flight Facilitiesらしいキャッチーなメロディーとエレクトロミュージックのコントラスト。MVが意味深ですね。

Flight Facilities – Heavy feat. Your Smith (Official Video)

Foreign Language feat. Jess

『Crave You』と並ぶ彼らの代表作。

Flight Facilities – Foreign Language feat. Jess (Official Video)

 

オーストラリアの人気エレクトロニックデュオ、Flight Facilities(フライト・ファシリティーズ)でした。ゴリゴリのクラブミュージックの要素とキャッチーなメロディが非常に良いバランスで保たれていて、普段のBGMとしても活用できるのではないかと思います。