Louis The Child / 突き抜ける未来型エレクトロニック・ポップ

louis the childElectronic
スポンサーリンク
Pocket

シカゴ生まれのRobby HauldrenFreddy Kennettからなるエレクトロニック・ポップ・プロダクションデュオ、 Louis The Child(ルイス・ザ・チャイルド)。

 

エレクトロニックという枠組みにはいるものの、独創的で、とりわけ『自由さ』が際立っていて、実験的なサウンドが多いのに敷居が低いというのか、キャッチーでポップな印象を与えるという、非常にユニークで魅力的な存在のクリエイターですね。

同じ高校に通っていた二人は2013年からキャリアをスタートし、2015年K.Fleyをフィーチャーした”It’s Strange“、2016年スウェーデンのエレクトロニックポップデュオ、Icona Popをフィーチャーした”Weekend“でエレクトロニックシーンでの人気を獲得。

前途のとおり実験的で尖がったサウンドデザインと突き抜けるポップ感の両立で、リミックスワーク含め数々の楽曲を提供してしてきた彼らから待望のファーストアルバム『Here For Now』がリリースされています。

いままでのキャリア、音楽性を踏襲しながらも、より創造的であり彼らの純粋なエモーションが伝わってくるカラフルな作品群を、フォスター・ザ・ピープルベラブルーボブ・モーゼスドリューラヴEARTHGANGクインXCII、チェルシーカトラー、Duckwrthらの強力コラボレイターたちと繰り広げられます。

そのファーストアルバム『Here For Now』を中心に代表曲もあわせて聴いていきましょう。

スポンサーリンク

Louis The Child : レビュー

Little Things

Quinn XCII, Chelsea Cutlerの男女ハーモニーも美しい「小さなことも大切にしよう」と、生きていることの大切さを唱えるポジティブソング。

Louis The Child, Quinn XCII, Chelsea Cutler – Little Things (Official Video)

 

 

La La La (Everything OK)

カナダのエレクトロニック・デュオ、Bob Mosesとのコラボによるエフェクティブなシンセとコーラスが『Everything’s OK』のリリックとともに迫ってきます。

Louis The Child – La La La (Everything's Okay) (Lyric Video)

 

 

 

We All Have Dreams

オルタナティブロック系シンガー/ラッパーのK.Flayによるボーカルも力強く、ポジティブな歌詞とともに心に響くナイストラック。

Louis The Child, K.Flay – We All Have Dreams (Lyric Video)

 

 

 

Nobody Like You 

リズミカルでブラスタッチのトラックとVera Blueのキャッチーなボーカルが気分をアゲてくれる一曲。

Louis The Child, Vera Blue – Nobody Like You (Lyric Video)

 

 

Get Together

LAの注目ラッパー/シンガーDuckwrthをフィーチャーした、ややジャジーなR&Bトラックがカッコイイですね。

Louis The Child, Duckwrth – Get Together (Lyric Video)

アルバム全体はこちらからも試聴してみてください。

 

 

Better Not feat. Wafia

2018年作。

エレクトロニックにヒップホップの要素を取り入れた先鋭的なサウンドデザインと絶妙なポップ感が素晴らしい大ヒット作。2018年のストリーミングプラットフォームで2億7,000万再生を突破。

Louis The Child – Better Not ft. Wafia

 

 

Go

イントロの印象的なシンセ、カラフルに展開する非常に先鋭的なリズムトラックで、聴いた瞬間から虜になる曲ですね。ipad ProのCMの中でも印象が強く残っている曲です。

Louis The Child – Go (Cover Art)
İpad pro— What's a computer– Apple

 

 

まとめ

突き抜ける未来型エレクトロニック・ポップデュオ、Louis The Child(ルイス・ザ・チャイルド)でした。

アルバム『Here For Now』は、全体に流れるシンプルでポジティブなメッセージ、それを包み込むカラフルなトラックで満ち溢れた聴き応え充分な傑作です。アルバム全体て楽しんでみてください!

SG LewisMura Masaあたりとも相性抜群ですよ。

SG Lewis / 話題と注目を集める新鋭エレクトロ・プロデューサー
イギリス、リバプールをベースに活動する若手エレクトロニックDJ、プロデューサー、Sam Lewisこと SG Lewis (SGルイス)。様々なリミックスワークを手掛け、Pharrell WilliamsやJustin Timberlakeからも注目される新鋭エレクトロ・プロデューサーです。
Mura Masa / 小さな島からの最先端エレクトロミュージック
イギリスとフランスとの中間、イギリス海峡に浮かぶガーンジー島(イギリス領)という小さな素朴そうな島出身でありながら、クラブ系エレクトロミュージックの先端を走る気鋭の若手" Mura Masa "(ムラ・マサ)。ん?日本人か?なんて思ったらバ...