【冬ジャズ】こんな季節に聴きたくなる ボーカル・ジャズ 10選

Jazz
Pocket

まだまだ暖かい日もあったりしますが、いよいよ12月に入り「冬」到来といったところですね。

年末の慌しい日々でもありますが、こんな季節にはオシャレでスウィンギンでゴージャスでしっとりとした ボーカル・ジャズ を聴いてみましょう!

スタンダードナンバーからオリジナルナンバーまで、なんだかウキウキ、心も暖まる曲たちをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【冬ジャズ】こんな季節に聴きたくなる ボーカル・ジャズ 10選

驚愕の現代ジャズボーカリスト、Samara Joyのアルバム『Linger Awhile』より、Gigi Gryce Nonet with Ernestine Andersonの1955年作スタンダードナンバーを素晴らしい表現力により色彩豊かにカバー!

Samara Joy – Social Call (Live Performance) | Vevo

 

Samara Joy / ジャズ界を震撼させる次世代ジャズボーカリストの大本命
NYブロンクス出身の次世代ジャズボーカリストの大本命、 Samara Joy (サマラ・ジョイ)。まさにエラ、サラの再来ともいえる奥深いボーカルは圧巻のひとこと。今後の大きな飛躍が期待させるアーティストです。

 

 

Alyssa Allgood –  Exactly Like You 

シカゴに拠点を置く若手ジャズ・ボーカリスト、 Alyssa Allgood2018年リリース「Cellar Live」より、ルイ・アームストロング、エラ・フィッツジェラルドなど往年の歌手に歌い継がれる1930年のジャズスタンダードナンバー”Exactly Like You”をフレッシュなアプローチで再現。

Alyssa Allgood-Exactly Like You-Live at The Green Mill

 

 

Jeff Goldblum & Haley Reinhart – My Baby Just Cares for Me 

ジュラシック・パークのイアン・マルコム博士役としても有名な俳優、Jeff Goldblumとシカゴ出身のアイドル歌手、Hayley reinhartによる今年2018年発売された異色?のジャズアルバムより、ニーナ・シモン、ナットキング・コールなどが歌ったこちらも1930年のスタンダードナンバー。

Jeff Goldblum & The Mildred Snitzer Orchestra feat. Haley Reinhart – My Baby Just Cares…

 

Lucy Krakow – One Hell of a Romance

ニューヨークを拠点に活動するソングライター、オーディオエンジニアである Lucy Krakow (ルーシー・クラクフ)による2013年作品。キュートで温かみのある(多分)オリジナル作品。

One Hell of a Romance

 

カナダ、モントリオール出身のジャズ・シンガー、 Nikki Yanofsky (ニッキー・ヤノフスキー)のアルバム『Nikki By Starlight』より。フランクシナトラ、エラフィッツジェラルド…最近ではトニーベネット&レディガガもカバーしたスタンダード「君にこそ心ときめく」をアップテンポでスウィンギーにカバー。スキャットも素晴らしい!

Nikki Yanofsky – I Get A Kick Out Of You (Official Visualizer)

 

Nikki Yanofsky / ジャズが似合うカナダの天才歌姫
カナダ、モントリオール出身のジャズ・シンガー、 Nikki Yanofsky (ニッキー・ヤノフスキー)。2010年にはバンクーバー冬季五輪の開会式で、カナダ国歌を歌唱しジャズファンのみならず世界中の注目を集めたまさに天才シンガーです。

 

ニューヨーク州出身のジャズ/ブルースボーカリストで、ルイ・アームストロングの音楽ディレクターを務めたLuis Russellを父に、ジャズボーカリスト、Carline Rayを母に持つサラブレッド、Catherine Russellのアルバム『Send For Me』より。

Catherine Russell – At The Swing Cats Ball (Official Video)

 

 

Mark Winkler & Cheryl Bentyne – The Gentleman Is a Dope

マンハッタントランスファーのボーカリストであるシェリル・ベンティンとハリウッド出身のスムースジャズ、AOR系シンガー、マーク・ウィンクラーによるムーディーでゴージャスなカップリングアルバム、「Eastern Standard Time」より。

ブロードウェイ・サウンドトラックでもある1947年スタンダードナンバーのカバー。

The Gentleman Is a Dope

 

 

Michael Bublé – Such a Night 

カナダ出身の俳優でポップスター、マイケル・ブーブレのアルバム『Love』より。息子さんの病気を乗り越え遂にカムバックした、数々のスタンダードナンバーをゴージャスに、そしてスウィンギーにカバーしている中から1960年エルビス・プレスリーのナンバー。

Michael Bublé – Such A Night [Official Visual]

 

 

抜群のポップ感が素晴らしいクリスマス・ソング。
Michael Bublé – Winter Wonderland [Official HD]

 

Dr. DREらウェストコーストヒップホップスターたちが繰り広げた2022年スーパーボウルのハーフタイムショーの音楽監督でエミー賞を受賞したAdam Blackstoneのアルバム『Lagacy』よりエレガントなスウィンギンスタンダード。相方はなんとクイーン・ラティファ!

Adam Blackstone, Queen Latifah – Back On the Strip (Official Audio)

 

 

Renee Olstead – A Love That Will Last

8歳から子役としてキャリアスタートした人気女優、カントリー、ジャズボーカリストであるレニー・オルステッドが2004年リリースした名盤セルフタイトルアルバムから。巨匠デヴィッド・フォスターによる天才的に美しい楽曲を、当時15歳にしてしっとりと歌い上げるこの実力は本物。

A Love That Will Last

 

まとめ

寒い季節に聴きたくなる、心暖まる ボーカル・ジャズ 10選をお送りしました。

スタンダードナンバーが現代ジャズとして華麗に蘇っていたり、オリジナルナンバーもゴージャスでジャジーに仕上がっている良作ばかりですね。