Electronic R&B

Onra 超絶グルーヴィなエレクトロファンク!

投稿日:2018年5月6日 更新日:

Pocket

パリ出身のヴェトナム系フランス人DJ/クリエイター/プロデューサー、アルノー・ベルナルドのソロ・プロジェクト” Onra “(オンラー)

80年代的エレクトロ・ファンクを得意とするプレイスタイルで、2007年以降コンスタントにアルバムをリリースしています。

今回のアルバム「Nobody Has To Know」も、その80年代~90年代的なエレクトロ&スペイシーなファンクチューン満載でディスコブギーでグルーヴィな作品に仕上がってます。ブラックミュージックファンにはたまらない内容!

アルバムジャケもPREPの記事でもそうでしたが大瀧詠一風です。なんでも、大瀧詠一のアルバムジャケを手掛けていた巨匠イラストレーター 永井博氏の手によるジャケット・デザインらしいです。

 

Review

ベルギーのトークボックス&エレクトロファンク職人、Pomradとの共演。ノリの良いディスコブギー!”No Question feat. Pomrad”

 

スペーシーでグルーヴィーなミディアムファンクチューン。”Not Long Ago”

 

トークボックスが印象的なトロけるメロウチューン!”Secretly”

 

いかがでしょうか、アルバム全体非常にクオリティが高い内容です。新作「Nobody Has To Know」の試聴はこちら。

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


ソウル・R&Bランキング

-Electronic, R&B
-, ,

執筆者:


  1. […] といったところで、出ました、前作「A Groovy Thing」からちょうど1年ぶりとなる最新作「Flight Fantastic」です。アルバムジャケはなんと日本グラフィックデザイナーの第一人者、大瀧詠一のジャケシリーズでもお馴染みの永井博さんです。当ブログでも紹介したOnra(オンラー)もオファーしてましたね。 […]

  2. […] 前回はグループ、前々回はど真ん中の定番でしたが、第三弾は” ニュージャックスウィング “です。Bruno Marsの”24k Magic”でも大々的にオマージュされていたり、当ブログでも紹介したAu DreやOnraのように現代のエッセンスを加えたリバイバルも現在盛んですが、本家本元、元祖的な7曲をご紹介します。 […]

関連記事

Jorja Smith 弱冠20歳にしてすでに実力派!

イギリスの雑誌「DAZED」と「CALVIN KLEIN」がコラボした新世代クリエイター(俳優、モデル、デザイナー、ミュージシャン、DJ等々幅広い選択肢の中から選ばれています)100人を決める企画&# …

Curtis Harding アバンギャルド感漂うソウル!

アメリカ、ミシガン州出身のシンガーソングライター/ ギタリスト、” Curtis Harding ‘( カーティス・ハーディング )。 2014年に発表されたアルバム、『SOU …

【次はこれ聴け】洋楽 80年代 R&B 7選

『これ聴け』シリーズ第2弾!前回”【まずはこれ聴け】洋楽 80年代 R&B 7選“では80年代ど真ん中の、まさに80年代を代表するアーバンコンテンポラリーを中心にお送り …

Kadhja Bonet まるでフレンチシネマのような魅惑の音楽世界

ジャズ、フォーク、ソウルがぶつかり合うユニークでノスタルジックな、まるでフレンチシネマのような魅惑の音楽世界が広がる・・・ LAから現れたシンガーソングライター、” Kadhja Bone …

Thievery Corporation 多文化的サウンドスケープ

ワシントンDCの二人組、Rob Garza (ロブ・ガーザ)と Eric Hilton (エリック・ヒルトン)により1995年に結成されたベテラン・エレクトロニカデュオ・・・ ” Thie …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。