MALIA / 癒しのウェストコーストネオソウル

MALIANeo-Soul
Pocket

ロサンゼルスを拠点に活動するR&B/ネオソウルシンガーソングライター、マルチ奏者の MALIA (マリア)。

子供の頃から音楽を学び始め、8歳からピアノを習い、その後大学を卒業後音楽の追求を真剣に考え音楽活動を開始。

2015年『Lovestruck』をセルフリリースしデビュー。同年EP『Malia』ではアコースティックでオーガニックな雰囲気漂うネオソウル4曲を披露。

The InternetのキーボーディストMatt Martiansの耳に留まり、彼の紹介を経てSydとの共演『Dirty Laundry』のリリースとSydのソロツアーのオープニングアクトを務めたことでシーンでの存在感が高まり、LAきってのビート系レーベルSOULECTIONとのコラボ『Play Sides』リリース、そしてアリシア・キーズから『Songs In A Minor』の20周年記念のための楽曲カバーのオファーと、その実力が業界内でちゅうもくされています。

2021年1stアルバムとなる『Unpolished』、2022年には失恋をテーマにしたEP『What’s After ‘I Love You’』をリリース。

ギターサウンドをベースにしたソフトで洗練された癒しのネオソウル、その魅力をレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

MALIA : レビュー

What’s After ‘I Love You’』より、ノスタルジックでブルージーなメロディとすべてを包み込むような優しいボーカルに癒される。

MALIA – 'More Than Love' Visual

 

アリシア・キースのオファーを受けて『Songs In A Minor』の中のシングル『How Come You Don’t Call Me』をカバー。

How Come You Don't Call Me
Alicia Keys – How Come You Don't Call Me (Official HD Video)

 

アルバム『Unpolished』より、タイトル通りのドリーミーなボーカルエフェクトとギターリフが印象的。

MALIA – Lucid Dream (Official Music Video)

 

LAの気鋭レーベル、Soulectionでのスタジオライヴ。

MALIA – 'Play Sides' Soulection Radio live session

 

癒しのウェストコーストネオソウルシンガー、 MALIA (マリア)でした。

癒し感のあるボーカルはもとより、ギターを中心に楽曲が構成されているところが実は特徴的なLAネオソウルです。