Sen Morimoto / 自由奔放に世界を席巻する日本人マルチプレイヤー

Sen MorimotoCrossover
スポンサーリンク
Pocket

京都生まれでアメリカ、マサチューセッツ育ち、現在はシカゴを拠点に活動するマルチインストメンタリスト、シンガーの Sen Morimoto (森本 仙)。

10歳でサックスを習い始め、即興ジャズをベースに音楽を習得した彼は2014年にシカゴに移住。

ソロのラッパーとしての活動を開始しながら、徐々にジャンルにとらわれない独自のインストルメンタルの制作へと傾倒。

数々のコラボレイターとしても活躍し、シーンの中で存在を高めていくなかでSooper Recordsの創設者であるアフリカ出身でシカゴで活動する鬼才ミュージシャン、Nnamdï(ナムディ)と出会い意気投合、その彼のレーベルSooper Recordsより、2018年『Cannonball!』をリリース。

このアルバムは一方で、アジア出身のアーティストと世界を結ぶ貴重なメディアプラットフォームでもある88Risingでも取り上げられ、88Rising・Sooper Records双方からリリースされることとなり日本でも注目となりました。

幼少のころから自由な音楽教育を受けていたバックボーンが示すように、ジャズ、ヒップホップ、ポストロック、フォークが溶け合ったようなジャンルから解放された自由奔放な振る舞いは、ブッ飛んだ才能Nnamdïと意気投合するのが理解できる表現力。

2020年10月にはセルフタイトルアルバム『SEN MORIMOTO』をリリース。より磨きのかかったMORIMOTOサウンドをレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

Sen Morimoto :レビュー

こちらのインタビュー動画でセン・モリモトのプロフィールが語られていますのでチェック!

88risingで話題沸騰、京都出身シカゴ在住のジャズ・ラッパー〈セン・モリモト〉(Pt.1)

 

Woof

2020年『SEN MORIMOTO』より先行カット。様々なジャンル要素が複雑に絡み合うセン・モリモトらしいローファイ&ドリーミーな作品。

Sen Morimoto – Woof (Official Video)

 

Deep Down feat. AAAMYYY

日本の女性シンガーソングライター、トラックメイカーで、3人組ロックバンド、Tempalayのコーラス・シンセサイザーも担当するAAAMYYY(エイミー)をゲストに迎えたフューチャーエレクトロなファンキー&ポップチューン。

Sen Morimoto – Deep Down ft. AAAMYYY (Official Video)

 

Jupiter 

美しくも暖かいレーベルメイト、Kainaとのハーモニーとスペイシーなシンセ、ギターが絡むジャズ&エレクトロな新感覚サウンド。ライヴ版で。

Sen Morimoto – Jupiter | Audiotree Far Out

 

 

People Watching

2018年『Cannonball!』より。

アーティスティックで自由。独自の世界観が非常に魅力的なジャズ&ラップ。

Sen Morimoto – People Watching (Official Music Video)

 

How It Is

こちらも『Cannonball!』より。同じサックス&シンガーのMasegoとはまた違ったアプローチでエッジの効いた内容。こういった表現をアジア人(特に日本人)がやってのけてしまうところに驚きと時代が確実に進んでいることを感じます。

Sen Morimoto – How It Is (Official Music Video)

 

Kaina – Could Be Curse

前出”Jupiter”のライヴパフォーマンスでも共演している、Sooper Recordsのレーベルメイトで、妹的存在(?)の南米ルーツのシカゴ在住シンガー、Kaina(カイナ)をプロデュースした作品。

繊細でローファイなサウンドと内省的なKainaの英語・スペイン語ボーカル、そしてセン・モリモトの日本語交じりのラップ&ボーカルという国際色豊かな三か国語ハーモニー。

KAINA – Could Be a Curse Feat. Sen Morimoto (Official Video)

 

Resavoir – Escalator

ジャイルスピーターソンも絶賛する地元シカゴのエクスペリメンタルなジャズコレクティヴ、Resavoir(レザヴォア)とセン・モリモトのマッシュアップでは持ち前の卓越したサックススキル&ラップスキルを遺憾なく披露。

非常にタイトで切れのあるジャズサウンドです。カッコイイ!

Escalator

 

こちらは『Gilles Peterson’s Worldwide Awards 2020』でのライヴパフォーマンス。彼のサックスプレイが堪能できます。

RESAVOIR: Worldwide Awards 2020

▼アンダーグラウンドジャズ特集はこちら▼

今聴いておきたい アンダーグラウンドクラブ系ジャズ 5選
今聴いておきたい アンダーグラウンドクラブ系ジャズ 注目の5グループを紹介します。アンダーグラウンドジャズ、アンダーグラウンドクラブミュージックなんていうと取っつきにくい、一部のマニアな人たちの音楽みたいですが、そんなことはありません。これであなたも現代ジャズシーン通です。

 

まとめ

自由奔放に世界を席巻する日本人マルチプレイヤー、Sen Morimoto(セン・モリモト)でした。

“ジャンルレス”なんて言葉が陳腐に思えるような、音楽にジャンルなんてないよ、といわんばかりの自由さに溢れています。(おそらく日本で育ってはいないでしょうが)こんな表現を日本人がしてしまうことに嬉しさと驚きを感じずにはいられません。