Miguel Migs / ウェストコースト・ディープハウスの重要人物

スポンサーリンク
Miguel MigsElectronic
Pocket

サンフランシスコを拠点にするDJ、エレクトロニックミュージックプロデューサー、レーベルオーナー、Miguel Stewardのステージネーム、 Miguel Migs (ミゲル・ミグス)。

90年代中盤以降からディープ・ハウスのアンダーグラウンド・シーンで活躍しており、現在のウェストコースト・ハウス、ラウンジ系ハウスの第一人者。

くっきりとしたベースラインに煌びやかで滑らかなシンセサウンドが散りばめられ、セクシーでソウルフルな女性ボーカルが乗るアーバンスタイルなハウスミュージックは、ハウスラバーだけでなくR&Bファンや女性リスナーからも支持を得られるような作品を多数輩出しています。

Macy Grey、Lionel Richie、Britney Spears、Jamiroquaiなどのリミックスワークから、Naked MusicやAstral Works、Defected Recordsなどのハウスミュージック名門レーベルからの多数のリリース、そして自身のレーベルSalted Music主宰と、アルバムとEPを合わせたら膨大な数の作品リリースがありますね。

今回は2021年リリースの『Sharping Vision』中心にご紹介します。

スポンサーリンク

Miguel Migs : レビュー

Promises feat. Lisa Shaw

相方といっても良いぐらいの長年のコラボレイター、Lisa Shawとの安定の組み合わせ。

Promises (feat. Lisa Shaw)

 

 To The Other Side feat. Stephen James

男性ボーカルをフィーチャーしたゆったりとしたR&Bっぽい仕上り。 

Miguel Migs feat. Stephen James – To The Other Side

 

What Do You Want feat. Michelle Ndegeocello

2014年アルバム『Dim Division』より。Miguel Migsワールドの真骨頂ともいうべき煌びやかなシンセとセクシーなベースライン、R&Bベースの全体を包み込むアーバンな雰囲気が傑出したウェストコースト・ディープハウス・アンセム。

Miguel Migs 'What Do You Want'

 

ウェストコースト・ディープハウスの重要人物、Miguel Migs (ミゲル・ミグス)でした。

セクシーでエモい音楽お探しの方におススメです。

合わせてこちらもおススメ。

Opolopo / ストックホルムのファンキー・ディスコキング
ハンガリー・ジルク生まれ、スウェーデン・ストックホルム育ちのDJ/プロデューサー、 Opolopo (オポロポ)。厚みのあるファンキーなベースラインとヨーロッパらしい煌びやかなトラックは、クラブだけではなく気分を上げたい時やハウスパーティなどの集まりでもBGMとしてもおススメです。