【コンピレーションアルバム】 Global Sounds / Boomerang Records

Global Sounds / Boomerang RecordsCrossover
Pocket

今日はエレクトロニック、ジャズ、ブロークンビートなどを専門とするインディペンデント・レコード・レーベル、Boomerang Recordsからリリースされたコンピレーションアルバム、”Global Sounds“をご紹介します。

このアルバム、ロンドンの旬なプロデューサー、アーティストが集結した、聴き応え抜群のコレクションとなっています。

そのラインナップは、ブロークンビートのパイオニアである日系プロデューサーMark de Clive-LoweWah Wah 45s & Albert Favouritesの代表Scrimshire、エレクトロニックの魔術師Steve SpacekRudimental所属のボーカリストAfronaut Zu、新進気鋭のボーカリストで当サイトでもおススメご紹介しているBryony Jarman-PintoYazmin Laceyなどなど、なかなか濃いメンツによる濃厚なサウンドを堪能できます!

その中から一部ご紹介です。

スポンサーリンク

Global Sounds / Boomerang Records

Scrimshire & Afronaut Zu – No Be Today (Yeye Be Dem Policy)

Scrimshire & Afronaut Zu – No Be Today (Yeye Be Dem Policy)

 

Mark de Clive-Lowe & André Espeut – Sunrays

Mark de Clive-Lowe & André Espeut – Sunrays (Radio Edit)

 

【コンピレーションアルバム】 Global Sounds / Boomerang Records

1. Duke Hugh & Bryony Jarman-Pinto – Say No More
2. Footshooter & André Espeut – Looking Back 
3. Scrimshire & Afronaut Zu – No Be Today (Yeye Be Dem Policy) 
4. Steve Spacek & Yazmin Lacey – Another Like This
5. Mark de Clive-Lowe & André Espeut – Sunrays 
6. London Afrobeat Collective – Power to the Women (Krywald & Farrer) 
7. Mark de Clive-Lowe & Cleveland Watkiss – Vivid Dreams 
8. Duke Hugh & André Espeut – Pilolo With Me 
9. Burland & K.O.G – Threes & Fours 

以上全9曲、フューチャーソウル、ジャズエレクトロニカ、ブロークンビーツ好きには高コスパなアルバムです。ぜひチェックしてみてください。