少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Electronic

HONNE / 建前と本音を操るエレクトロ・デュオ

更新日:

Pocket

イギリス、ロンドンを拠点とするJames Hatcher (ジェームス・ハッチャー) と Andy Clutterbuck (アンディ・クラッターバック)による エレクトロ・デュオ・プロジェクト。かなりの日本好きという彼らがつけたプロジェクト名は" HONNE "(ホンネ)=本音。

そして彼らのレーベルは「Tatemae(タテマエ) Recordings」、あぁ、なるほど、「建前」と「本音」ね。

音楽性はエレクトロニックですが、四つ打ち系のダンサブルなものというよりは、どちらかと言うとR&Bやインディな雰囲気のメロウチューンを中心とした「夜っぽい」音を得意としています。

2014年頃からキャリアをスタートさせ、2016年にファーストアルバム「Warm on a Cold Night」をリリースし、SpotifyやSoundcloud、YouTubeを中心に話題となり、その親しみやすい音楽性と「日本好き」がきっかけでここ日本でも各音楽メディアで取り上げられました。

そして2018年8月24日に最新アルバム「LOVE ME/LOVE ME NOT」がリリースされています。(日本版は9月5日)

このアルバム、タイトル通り「2面性」、「陰と陽」がテーマになっており、曲ごとでこの「◑ / ◐」マークで陽/陰を表現しているのが面白いですね。

 

Review(レビュー)

Me & You

「LOVE ME/LOVE ME NOT」から、ポップで爽やかなダンスチューン。MV撮影は韓国ですね。

 

 

I Got You

インディー系シンガー、Nana Roguesをフィーチャーした HONNE らしいメロウで哀愁漂うエレクトロニックサウンド。

 

I Might

ジャジーでメロウ、「TOKYO」「SHIBUYA」なんて歌詞も出てくるスムースエレクトロチューン。

 

 

Worm On A Cold Night

彼らの代表曲。"Warm on a Cold Night"、インディ系のR&Bとはまた違った夜の情景が似合う曲。

A COLORS SHOWバージョン。


こちらなんと、日本語で歌ってるバージョン。イケてる!

 

Someone That Loves You

「White Tiger」がスマッシュヒットしたイギリスの若手シンガー、Izzy Bizu(イジー・ビズ)とのコレボレーション。

日本が舞台ですね。

 

まとめ

建前と本音を操るエレクトロ・デュオ、HONNE(ホンネ)でした。かなりの日本贔屓、日本好きなミュージシャンでした。

 

新作、「LOVE ME/LOVE ME NOT」の試聴はこちらから。

 

こちらもおススメ。

 

 


洋楽ランキング

-Electronic

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。