Donny Benét / ドニーベネットって誰?はっきり言っておススメです!

Donny BenétPop
スポンサーリンク
Pocket

オーストラリア、シドニー出身のマルチプレイヤー、プロデューサー、シンガーの Donny Benét (ドニー・ベネット)。

容姿、PVも80年代スタイルのシティポップ、ポストディスコを意識したもので構成され、あえて(なのかは知らないが)現代のトレンドのようなものは取り入れず、ヤボったい雰囲気を醸し出しています。

と、なんだかディスっているようにきこえますが、イイです。すごくイイです!

ボクも最近知った人ですが、なんかその一貫したヤボッたさに妙に惹かれます。

音楽性も容姿も、頭皮の説得力がハンパないです(関係ないか)。

 

スポンサーリンク

Donny Benét : レビュー

Donny Benét – Mr Experience

2020年最新アルバム『Mr Experience』からのタイトル曲。イントロのベースラインがディスコバンド、CHICっぽさを出していますが、そのCHICのベーシスト、バーナードエドワーズのファンで「意識した」そうです。

Donny Benét – Mr Experience

 

 

Donny Benét – Konichiwa

MV自体もそうですが、80年代の日本のシティポップを意識した作品。そしてこの曲、あのThe Weekendの最新アルバム『After Hoursに影響をあたえた曲としてThe Weekend本人が取り上げています。

Donny Benét – Konichiwa (Official Music Video)

こちらがAmazon MusicでのThe WeekendによるHANDPICKEDプレイリスト→こちら

 

Donny Benét – Santorini

思いっきり80年代なモダンディスコ・ポップ。なかなかですね、このMVも。これだけ海が似合わない男もいないかと・・・。

Donny Benét – Santorini (Official Music Video)

 

 

Donny Benét – Girl Of My Dreams

独特のベースライン、サビの口笛が印象的なスムースでメロウなディスコポップ。曲全体のノスタルジック感がイイですね。MVもおもしろい。

Donny Benét – Girl Of My Dreams (Official Music Video)

 

 

まとめ

シドニー発のおすすめシンガー、 Donny Benét (ドニー・ベネット)でした。トニー・ベネットではありません、ドニー・ベネットです。

デビューは2011年からなので10年ほどになるんですね。ん?見た目より若いのか?

それはともかく、世界的にカルトなファンがいるとか。確かにそれがわかる、クセになりそうなキャラクターですね!

 

Amazon Music Unlimitedならドニーベネットも全曲聴き放題!