【洋楽】 通勤通学 / 元気が出るおススメBGM 13選【ジャズ編】

通勤通学 / 元気が出るおススメBGM洋楽ライフ
スポンサーリンク
Pocket

朝の通勤通学、最近では在宅もスタンダードになってきていますが、仕事や勉強始める前のリードタイム、準備時間に聴きたい、サクラタップス音楽部おススメの 通勤通学 / 元気が出るおススメBGMクロスオーバージャズメインでご紹介します。

朝からポジティブな気分にさせてくれそうな、テンション上がる、元気が湧いてくるような内容で一日のスタートダッシュを切りましょう。

総務省統計局の調査によると、平日の通勤時間は男性で1時間26分(片道43分)、女性で1時間7分(片道33.5分)が平均だそうです。朝の平均支度時間は45~60分ほどだそう。

ちなみに私は通勤時間ドアツードアで60分ほどですね。大体皆さんそんなところでしょうか。ということで仕事、勉強始める前の大事な1時間をテンション上げて効率よく過ごせそうな、ちょうどカバーできそうな13曲(約1時間)のセレクトです。

 

スポンサーリンク

通勤通学 / 元気が出るおススメBGM 13選

通勤通学 / 元気が出るおススメBGM

Ruth Koreva – What am I Supposed To (Kaidi Tatham remix)

才能豊かなブルガリアのクロスオーバー・ジャズシンガー、Ruth Koreva(ルース・コレヴァ)の2013年作『Ruth』より。

爽やかで透き通るような歌声とメロディに加えて、ロンドン・クロスオーバーシーンの番長ことKaidi Tathamリミックスによる程よくスムースなエレクトロ感が心地よく全体を包む良作。

Ruth Koleva – What am I supposed to? (Kaidi Tatham Remix)

 

DJ Cam Quartet – Rebirth Of Cool

90年代以降のアブストラクト・ヒップホップシーンを牽引してきたフランスの名DJであるDJ Camが、フランス・ベルギーの名うてジャズ・ミュージシャンと組んで制作されたジャジー・ヒップホップの教科書的金字塔作品『Rebirth Of Cool』からのタイトル作、活動前の脳内活性にピッタリな定番作。

DJ Cam Quartet – Rebirth of Cool

 

Down To The Bone – South Side Overdrive

90年代のアシッドジャズムーブメント後期から活躍しているDJ、Stuart Wadeを中心としたイギリスを代表するジャズファンク・バンド、Down To The Boneの2011年作『Main Ingredients』より。

出だしからゴキゲンなホーン&アンサンブルで突っ走る、朝から仕事、勉強がタイトル通りトップギア(Overdrive)ではかどりそうなパワーチューン。

Down to the bone – South side overdrive

 

Jazztronik – Now’s The Time 

日本人サウンドプロデューサー、野崎良太による人気プロジェクト、Jazztronikの2011年作『Dig Dig Dig』より。

タイトル通り「いまでしょ!」的な、プレゼン前などテンション高めに乗り切りたいときにピッタリ。

Now's The Time by Jazztronik

 

Joomanji – Chasin Rhymes (Feat. Saara Maria)

カリフォルニア州サンタクルーズを拠点にするジャズコレクティヴ、Joomanji(ジューマンジ)の2013年作『Manj 』より。

Al Jarreauの1978年『She’s Leaving Home』のボーカル&ピアノリフをサンプリングし、浮遊感のある女性ボーカルを施したジャジー・ネオソウルで優雅な時間を過ごすのもアリですね。
Chasin Rhymes

 

 

Lauren Desberg – I Wanna Be Like You

LAの人気若手ジャズボーカリスト、Lauren Desberg(ローレン・デスバーグ)の2012年作『Sideway』より。

ディズニー映画『JungleBook』で歌われていた曲「君のようになりたい」を、スタンダードな雰囲気を残しながらローレン・デスバーグらしい可憐さと爽やかさが加わったナイスカバー。

I Wanna Be Like You

 

Lettuce – Everybody Wants to Rule the World

ソウル/ファンクバンド、Soulive(ソウライヴ)のメンバーも参加するボストンのジャズファンクバンド、Lettuce(レタス)の2019年作『Elevateより。

イギリスのポップデュオ、ティアーズ・フォー・フィアーズによる1985年大ヒット作をダイナミックなアンサンブルでカバー。気分が高揚しそうな展開で前向きになれます。

🥬 Lettuce – Everybody Wants to Rule the World (Official Music Video)

 

James Alexander Bright – Go

イングランドのハンプシャーを拠点にイラストレイターとしても活動するJames Alexander Bright(ジェイムス・アレキサンダー・ブライト)2020年作『Headroom』より。

ドリームポップ、エレクトロニック、ジャズの要素を組み込んだサウンドスケープが、一日の始まりをさりげなく後押ししてくれそうな内容。

 

James Alexander Bright – Go (Lyric Video)

 

Mocky – The Come Up

カナダを代表する天才ミュージシャン、Mocky(モッキー)の2018年作『A Day At United』より。Mockyらしいポップ、ソウル、ジャズのクロスオーバーなサウンドで、気持ち良い一日の始まりがやってくる(Come Up)感じがしますね。

The Come Up

 

 

FKJ – Joy

フランスの7つの楽器を操る今旬マルチ奏者、FKJ(フレンチ・キウイ・ジュース)の2017年作『French Kiwi Juice』より。

ほどよいテンションとスムースに流れるインストルメンタルで一日楽しく過ごせそうな、始まりにピッタリな曲です。

FKJ – Joy

 

Tom Misch – Disco Yes feat. Poppy Ajudha

イギリスの大人気ギタリスト・トラックメイカー、Tom Misch(トム・ミッシュ)の2018年作『Geography』より。

どの曲も朝の定番としてイケるTom Mischサウンドからは、Poppy Ajudha(ポピー・アジュダ)とのコンビネーションもクールな軽快爽やかディスコサウンドで気分高めていきたいですね。

Tom Misch – Disco Yes (feat. Poppy Ajudha) [Audio]

 

 

Lucas Arruda – Soulshine

ブラジリアン・クロスオーバーの雄、Lucas Arruda(ルーカス・アルーダ)の2019年作『Onda Nova』より。

都会的で洗練されたジャジー・メロウグルーヴと力強さも備えたギターソロが聴き応え充分な、エネルギーが蓄えられそうな栄養満点サウンド。

Lucas Arruda – Soulshine

 

 

Darius x Wayne Snow – EQUILIBRIUM

パリの次世代エレクトロニックプロデューサーDarius(ダリウス)と、最近メキメキと存在感を示してきたナイジェリア人シンガーWayne Snow(ウェイン・スノウ)による2020年期待のカップリング作。

Wayne Snowの美しいファルセットボイスが響くジャジー・エレクトロニックビーツで朝から作業効率高めましょう。

Darius x Wayne Snow – EQUILIBRIUM (Official Video)

 

通勤通学 / 元気が出るおススメBGM : まとめ

通勤通学 / 元気が出るおススメBGMでした。

朝のスッキリお目覚め、ランニング、ウォーキングなどにも活用できそうなおしゃれでテンションも上がる13曲です。

Spotifyのプレイリストも作成しましたので(Down To The Bone – South Side Overdriveはspotifyにないため収録できませんでした)お楽しみください。