Underground Canopy / 真夜中のフレンチ・アンダーグラウンド・ジャズ

Underground CanopyHip Hop
Pocket

フランス、パリを拠点に活動するジャズ/ヒップホップバンド、 Underground Canopy (アンダーグラウンド・キャノピー)。

オリジナルメンバーのJonathan (Keys)、 Warren Dongué (Bass)、Jeremy talon (Guitar / Synths)、 Alfredo Grooveton (drums)、Necky Gomis (Trumpet)によってFlying Lotus、Madlib、J. Dillaの楽曲をカバーするジャジーヒップホップ系ジャムセッションバンドとして活動し、2016年より現バンド名で活動を開始。

のちに Alfredo Grooveton→Bastien Bonnefont (Drums)への変更、Christopher J. (Guitar)が加わり現在は6ピースで活動中。

2020年、ドイツの気鋭ビートメイカーBluestaebとベルリンのKaytranadaことS. Fidelityの二人がバックアップ・プロデュースしたその名の通り『Bluestaeb & S. Fidelity Present Underground Canopy』をパリと東京をベースにするレーベルMENACEからリリース。

メロウかつ濃い目のグルーヴ、アンダーグラウンド感漂うJ. Dilla系譜のジャズ・ヒップホップインストルメンタル作品はその筋のリスナーから高い評価を獲得。

その後も濃厚で良質な作品を出しており、2022年11月4日にはミックステープ『Uncut Gems』がリリースされています。

スポンサーリンク

Underground Canopy : レビュー

BADBADNOTGOOD好きには堪らないような、静寂な空間とそれぞれの楽器が織りなすドープな共鳴感。

Underground Canopy – Feelm (Live Session)

 

小刻みなドラムに流れるようなファンダー・ローズ~シンセ、弾むベースに鳴きのギター。サウスロンドンジャズに近いスモーキーさ。

Hors d'Oeuvre

 

真夜中に聴きたい漆黒のアンダーグラウンド・ジャズインストルメンタル。

Moonrays

 

Bluestaeb & S. Fidelity Present Underground Canopy』より、夜のドライブのお供にしたいクールなディープジャズファンク。途中、Joe Simonの”Before the Night Is Over“=Outkastの”So Fresh So Clean“のフレーズが入るところがまたイイですね。

Bluestaeb & S. Fidelity Present Underground Canopy – Tony Sendo

 

真夜中のフレンチ・アンダーグラウンド・ジャズ、 Underground Canopy (アンダーグラウンド・キャノピー)でした。

BADBADNOTGOODButcher Brownなどが好きな方にもおススメなヒップホップ・ジャズファンクです。