Bluestaeb / ベルリンの気鋭ビートメイカー

BluestaebHip Hop
Pocket

ドイツベルリン出身の新鋭ビートメイカー Bluestaeb (ブルースターブ)。

Pete Rock、J Dillaらの影響を受けたジャズ、ソウルルーツのジャジーヒップホップと、ジェンベやダルカといったアフリカン・ドラムのテクニックを何年もかけて勉強して独自のサウンド・アイデンティティを確立。

同じドイツのビートメイカー、Figub Brazlevičらとヒップホップコレクティブ「Oldschool Future Tribe collective」を結成した後、2013年に『1991 Extraterrestrial』でデビュー。

2015年からはベルリンのジャッジーヒップホップの代名詞でもある名門Jakarta Recordsから2ndアルバム『Rodalquilar』を皮切りに、生音、サンプリング、ドラムマシーンを巧みに駆使した深みのある作品を多数の世に送り出しています。

コラボレイターも、盟友Juju RogersからTeknical Development、Harleighblu、Melodiesinphonieなどラッパー、シンガー、ビートメイカーと多彩な顔ぶれとの共演によってそれぞれのアルバム、EPにコンセプトがしっかりと根付いている印象です。

2021年にはMick Jenkins、Ric Wilson、Jerome Thomas、Lance Jacksonなど各曲別々のゲストを招いてのカラフルなアルバム『GISEKE』をリリースしています。

そのBluestaebからおススメをご紹介します。

スポンサーリンク

Bluestaeb :レビュー

TTWL feat. Uno Hype & Jerome Thomas

『GISEKE』より、Jerome Thomasのコーラス、透明感のあるギターが限りなくセクシー!

Bluestaeb – TTWL feat. Uno Hype & Jerome Thomas (Official Visualizer)

 

Jordans

Saib.とのコラボによるクールチルホップ

Jordans

 

Bluestaeb & S. Fidelity Present Underground Canopy – Tony Sendo

2020年のUnderground CanopyS.Fidelityとのコラボ作。このEPも激渋でおススメです。

Bluestaeb & S. Fidelity Present Underground Canopy – Tony Sendo

こちらもチェック!

【2020】 洋楽最新ジャズシーン おススメ7選【かっこいい】
洋楽最新ジャズシーン よりおススメ7選をご紹介します。ジャズなんてよくわかんない、最新のジャズなんてとっつき難そう、なんて思う方もいるかもしれませんが、現代ジャズはもうあらゆるジャンルが混ざり合う、クロスオーバーな音楽として難しく文学的に考えなくても聴けるジャンルへと進化しています。今回ご紹介したアーティストを押さえておけば最新ジャズシーンのトレンドを掴めたも同然です!

 

Harleighblu & Bluestaeb – Queeen Dem feat. Janne Robinson

UKの実力派シンガーHarleighbluとの共作アルバム『She』より、両社の代表作といってもよい作品。

 

Harleighblu & Bluestaeb – Queeen Dem feat. Janne Robinson (Official Video)

 

ベルリンの気鋭ビートメイカー、 Bluestaeb (ブルースターブ)でした。。

最新アルバム『GISEKE』とは彼の本名”Leon Giseke”からつけられていますね。

ジャジーヒップホップはもちろんチルホップ好きにもエレクトロファンク好きにも刺さる内容です。