David Versace / オーストラリア・ジャズクロスオーバーシーンの新たな刺客

David VersaceJazz
Pocket

クイーンズランド州Meanjinを拠点に活動するキーボード奏者、コンポーザー、プロデューサーの David Versace(デヴィッド・ヴェルサーチ)。

ブリスベンを拠点にする6ピース・ジャズクロスオーバーバンド、First Beigeのメンバーとしても活動しており、2019年後半頃からソロ名義でEP、シングルを中心にリリースを開始。2022年9月にはソロデビューアルバム『Okra』がリリース予定です。

First Beigeとはまた違ったジャズ、サンバ、アンビエントをベースにより実験的なサウンドを指向していて、Horatio Lunaのような現代オーストラリア・ジャズクロスオーバーの先端を行く、シャープで尖った作品が多く個人的にも非常に好みです。

ではアルバム『Okra』リリースを前にDavid Versaceをチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク

David Versace : レビュー

アルバム『Okra』からの先行カット。

ジャズ・サンバをベースにしたライブ感が伝わる熱い演奏のタイトなトラック。

David Versace – Summer Party

 

クンビア、サンバ、ラテンをベースにしたエクスペリメンタルなラウンジミュージックといった感じ。30/70 CollectiveAllysha Joyをフィーチャー。

See It (Ft. Allysha Joy)

 

ファットなエレクトロビートを使ったスペイシーでアンダーグラウンドなジャジーハウス。イイですね。カッコイイ!

David Versace / Jasons 7 [Official Visualizer]

 

オーストラリア・ジャズクロスオーバーシーンの新たな刺客、David Versace(デヴィッド・ヴェルサーチ)でした。

まさにオーストラリア・ジャズクロスオーバーシーンで注目したい人物ですね。アルバムは必聴です!