Makaya McCraven / 最先端ジャズ・ビートサイエンス

Makaya McCravenJazz
Pocket

シカゴを拠点にするドラマー、コンポーザー、プロデューサーの Makaya McCraven (マカヤ・マクレイヴン)。

通称「ビート・サイエンティスト」と呼ばれ、ジャズ・ファンク、ポストバップ、ヴァンガード・ジャズ、フュージョンをヒップホップ、サンプリングミュージックと掛け合わせたレフトフィールド・ビートを探求する現代ジャズの最先端を走る続ける存在。

父親はスピリチュアルジャズのレジェンド、Archie SheppSam Riversのドラマーとして活動していたSteven McCraven、母親はハンガリーのフォークシンガー、Agnes Zsigmondi(アニエス・ジグモンディ)の息子としてパリで生まれ、マサチューセッツに移住しマサチューセッツ大学に入学。

2006年にシカゴへ拠点を移し、アリ・ブラウンやコリー・ウィルクス、ヘンリー・ジョンソンといったミュージシャンとセッションを繰り返し2012年にベーシストのティム・セイサーとピアニストのアンドリュー・トゥームズとのトリオ作品『Split Decision』をリリース。

2015年には、ジェフ・パーカー、ジョシュア・エイブラムス、ジュニアス・ポールらを含むミュージシャンたちとのライヴ音源をリミックスしたジャズ・ビート・インプロビゼーション・ミュージックの大作となるリーダー作『In the Moment』をリリース。

New York TimesやJazz Timesなど各メディアから絶賛され、その手法とともにマクレイヴンの音楽性を世に知らしめることに。

その後もセロニアス・モンクのトリビュートアルバム『Thelonious Sphere Monk』への参加、カマール・ウィリアムスジョー・アーモン=ジョーンズを迎えた英米ジャズヘッズマッシュアップ作品『Where We Come From』、Gil Scott Heronの最後のスタジオ・アルバム『I’m New Here』のリミックス・リヴァイバル作品『We’re New Again』などなど、常に実験的で創造的な最先端ジャズ・ビーツをリリースし続けています。

2021年11月にはジェフ・パーカー、マーキス・ヒル、ジョエル・ロス、ジュニアス・ポールら辣腕ミュージシャンとともにブルーノート・レーベルのライブラリからアート・ブレイキー、エディ・ゲイル、ハンク・モブレー、ケニー・ドーハム、ホレス・シルヴァー、ジャック・ウィルソンなどの楽曲のリミックス13曲のセット『Deciphering the Message』をリリース。

その最先端ジャズ&ビート・サイエンティクスなMayaka McCravenを聴いていきましょう。

スポンサーリンク

Makaya McCraven : レビュー

A Slice of The Top (AKA Sliced Off The Top)

Deciphering the Message』からのオープニングカット。

Hank Mobleyの79年作に、アートブレイキーバンド”A Night At Birdland, Vol. 1“での司会者、Pee Wee Marquetteのあの名セリフをサンプリング!

Makaya McCraven – A Slice of The Top (AKA Sliced Off The Top)

Frank’s Tune (AKA “De’Jeff’s Tune”)

ハードバップの名曲、Jack Wilsonの『Easterly Winds』の”Frank’s Tune“を、Jeff Parkerのギター、De’Sean Jonesのフルートでダウナーに蘇らせたマカヤ・マクレイヴンらしさが光るリミックスワーク。

Makaya McCraven – Frank's Tune (AKA “De’Jeff’s Tune")

The Jaunt

In the Moment』より。ヒップホップのグルーヴ感とジャズの即興性をJeff Parker、Justin Thomas、 Junius Paul、 De’sean Jonesらと緊張感のあるプレイで演出。

Makaya McCraven – The Jaunt w/ Jeff Parker, Justin Thomas, Junius Paul, De'sean Jones

 

最先端ジャズ・ビートサイエンス、 Makaya McCraven (マカヤ・マクレイヴン)でした。過去の名作を最先端ジャズで蘇らせた『Deciphering the Message』は必聴です!