タイ インディポップ おススメ 新鋭アーティスト 7選

タイ インディポップIndie
Pocket

タイ インディポップ おススメ 新鋭アーティスト 7選

アジア全体の音楽シーンの活性化、グローバル化がなされる中、当サイトでもご紹介しているPhum Viphuritのアジアおよび世界でのブレイクをきっかけに、タイのインディミュージックシーンが気になる方も多いのではないでしょうか。

シンセポップ、R&Bやネオソウル、ファンクから日本のシティポップに影響を受けたサウンドに、優しいメロディと、どこかノスタルジックさを感じるアナログでローファイな雰囲気を持つのがタイ・インディポップの特徴で、日本人にもスッと入る聴き心地の良さを持っています。

ここでは、サクラタップス音楽部はおススメするタイのインディポップシーンを今後盛り上げていくであろう新鋭アーティスト7組をご紹介します。

では早速チェックしていきましょう。

スポンサーリンク

HYBS

バンコク拠点のデビューしたてのAlyn Wee & Karn Kasidejからなるインディポップデュオ、 HYBS

まだ3曲のリリースのみですが、インディポップとR&B、シティポップがセンス良く溶け合う今のアジアトレンドが反映された、なかなかのセンスを感じさせてくれる内容で今後の飛躍に注目したいバンドです。

HYBS – Go Higher
HYBS – Go Higher (Official MV)

 

quicksand bed

quicksand bed

バンコク出身の4ピースバンド、 quicksand bed (クイックスタンドベッド)。

ファンク、R&Bの影響とシンセポップが組み合わされたサウンドはどこかオーストラリアのParcelsっぽい雰囲気が漂うファンク/ポップ。

2022年初頭には、初のフルアルバムを発表する予定だそうで期待して待ちましょう。

quicksand bed – Road of Vacation feat. Valentina Ploy 
quicksand bed – Road of Vacation feat. Valentina Ploy (Official Music Video)

YONLAPA

YONLAPA

チェンマイ出身の4ピースバンド、 YONLAPA (ヨンラパ)。

シンガーソングライター、フロントウーマンのNoi Naaのプロジェクトからメンバーが加わることでバンドとして活動。

ストレートなインディポップからサーフ、シューゲイザー、ドリームポップを網羅したサウンドプロダクションとNoi Naaのボーカルが非常に高いセンスを感じさせる作品。2019年『Let Me Go』で瞬く間に注目を浴び、アジア、世界、ここ日本でも注目されているバンドです。

YONLAPA – On my own
YONLAPA – On my own (Official Music Video)

 

Rocketman

Rocketman

バンコク拠点の4ピースバンド、 Rocketman (ロケットマン)。

タイの音楽アカデミー”GOOD HOPE Music Academy “コンテストのファイナリストとなったことでPhum Viphuritと同じRats Recordsと契約。2020年『Orange Coffee』では藤原ヒロシリミックスがリリースされ日本でも話題のバンドです。

『Orange Coffee』のMVにもジャケットが飾られているようにプリンスの80年代の楽曲からのインスパイアを感じさせるシンプルなファンクにBenny Singsやジャズの要素も加わった爽やかなポップはかなり日本人好み。

Rocketman – I’m Okay
Rocketman – I'm okay [Official Video]

 

mindfreakkk

mindfreakkk

バンコク出身のシンガー、 mindfreakkk (マインドフリーク)。

2017年頃から楽曲制作をはじめ、2021年「Pluto Bay」がタイのインディメディア、Fungjaiのトップ20チャートに6週間入り国内ブレイク。

80年代~90年代のシンセポップ、シティポップに影響を受けたメロウでノスタルジックなサウンドで、続く「Have You Ever」も人気に。

そして80~90年代のシティポップ名曲カバーをリリースしていた日本のTokimeki Recordsがオリジナル作第一弾としてmindfreakkkをフィーチャーした曲をリリースしたのがこちら。おススメです。

SLEEP PARTY – Tokimeki Records feat. mindfreakkk
SLEEP PARTY – Tokimeki Records feat.mindfreakkk (Official Music Video)

 

daynim

Daynim

バンコクを拠点にする4ピースバンド、 daynim (デイニム)。

同じ大学の友人で結成された典型的な学生バンドですが、R&B、ヒップホップ、ネオソウルをセンス良く、アジア系らしい優しいメロディと軽いタッチで紡いだサウンドが魅力。

日本のFabtone Recordsと契約しているようで、今後のアルバムリリースも楽しみ。

daynim – Let Me
daynim – Let Me [Official MV]

 

NUMCHA

NUMCHA

バンコク拠点のシンガー、 Numcha (ナムチャ)。最後はやっぱりナムチャですね。

2020年の『Dirty Shoes』で筆者自身虜にされ、それ以降も珠玉のインディポップソングを届けてくれています。

88risingの「Double Happiness」や台湾の「LUC fest Music Festival」など、アジアの大型音楽フェスへの参加や台湾のバンド、落日飛車(Sunset Rollercoaster)のKuoとのクリスマスソングリリースなどのリリースがありますが、やはり早くアルバムが聴きたい!

Numcha – Butterfly
Numcha – Butterfly (Official MV)

こちらもチェック。

【 インディポップ 】2020年に注目すべきアーティスト6選
昨年後半から今年にかけて新作リリースされている インディポップ 系アーティストの中から、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、タイのアーティスト、バンドをサクラタップス音楽部が注目する6組(人)のアーティストをご紹介します。 ドリームポップ...

 

タイ インディポップ おススメ 新鋭アーティスト 7選 まとめ

タイ インディポップ おススメ 新鋭アーティスト 7選でした。

市場規模やシーンそのものは(恐らく)大きくはないですが、才能あるミュージシャンが続々とシーンに躍り出てきていますね。まだまだ沢山のアーティストがいますが今回はここまで。

日本、韓国、台湾などともつながりが強いタイのインディポップシーンはこれからも注目です!