【 インディポップ 】2020年に注目すべきアーティスト6選

Indie
Pocket

昨年後半から今年にかけて新作リリースされている インディポップ 系アーティストの中から、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、タイのアーティスト、バンドをサクラタップス音楽部が注目する6組(人)のアーティストをご紹介します。

ドリームポップ、70年代レトロ、ダウンテンポ、爽やか系とそれぞれアプローチの違いや個性的な魅力も比較しながら聴いてみてください。

 

スポンサーリンク

– Yumi Zouma –

ニュージーランド出身の男女4人組シンセポップバンド、Yumi Zouma(ユミ・ゾウマ)。2014年デビューから有名ブロガーやPitch ForkThe Guardianなどから高い評価を受け、その後いくつかメンバー変更されつつ3枚のアルバムをリリース。

すでに日本でも一定の人気があると思います。

2020年リリース「Truth or Consequences」では、SolangeSneil MailのエンジニアであるJake Arronを迎え入れ、よりバンドの可能性を追求した、コケティッシュでドリーミーなシンセポップを多彩な角度から演出しています。

Southwark

Yumi Zouma – Southwark (Official Music Video)

Cool For A Second

Yumi Zouma – Cool For A Second (Official Music Video)

 

– Tennis –

コロラド州デンバー出身のPatrick Riley(パトリック・ライリー)とAlaina Moore(アリアナ・ムーア)による夫婦デュオ、Tennis。2011年アルバム「Cape Doly」でデビュー。

50年代から70年代レトロでメロディックなサウンドとアリアナ・ムーアの魅惑的な歌声が見事にマッチ。

2020年「Swimmer」も60年代ノスタルジックでファンタスティックな、キャッチーさが際立つサウンドが展開されています。

How To Forgive

Tennis – How To Forgive (Visualizer)

Need Your Love

Tennis – Need Your Love (Official Video)

 

 

– waxahatchee –

アラバマ州バーミンガム出身のシンガーソングライター Katie Crutchfield (ケイティ・クラッチフィールド) によるインディロック/フォーク・ソロ・プロジェクト、Waxahatchee (ワクサハッチー)

2010年から活動を開始し、2012年アルバム「American Weekend」でデビュー、その後3枚のアルバムを経て2020年「Saint Cloud」をリリース。

このアルバムではそれまでのストレートな力強さのある表現よりも、抑制されたモダンでしなやかなアメリカン・サウンドを意識したような内容に仕上げた、彼女の成長を感じさせられるような作品。

Fire

Waxahatchee – Fire (Official Video)

Can’t Do Mutch

Waxahatchee – Can't Do Much (Official Video)

 

 

– Numcha –

今一番気になっているシンガーかも。タイを拠点とするシンガー、ソングライター、プロデューサーのNumcha(ヌムチャ?)

タイ版Lizzoのようなその愛らしいキャラクターと、非常に洗練されたコード進行が類稀な才能を感じさせてくれるインディポップ。

Phum Viphuritを筆頭にタイ勢がなかなかヤリます。今後の活躍に期待が持てそう!

Dirty Shoes

MVも曲も最高にキャッチー。

Numcha – Dirty Shoes (Official MV)

Keep Cold

日本が舞台のJapan Loveソング。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

– Daniela Andrade –

カナダ、モントリオール出身のシンガーソングライター、Daniela Andrade(ダニエラ・アンソラーデ)。

2008年頃からYouTubeを中心にカバーを発信し続け話題に、2012年「The Things We’ve Said-EP」でオリジナルデビュー。

2019年8曲入りEP「Tamale」をリリース。かなりダウンテンポで叙情感たっぷりな、ジャズとエレクトロR&Bをブレンドしたアンダーグラウンドポップス。夜中によく合いそう。

Tamale

Daniela Andrade – Tamale (Official Video)

Wet Dreams

Daniela Andrade – Wet Dreams

 

– BENEE –

ニュージーランド、オークランド出身の新星シンガーソングライター、Stella Rose Bennettのソロプロジェクト、BENEE(ベニー)

2017年シングル「Tough Guy」でデビュー、その後リリースした「Soaked」では、2019 New Zealand Music Awardsで4部門を受賞する快挙を得た若干20歳。

明るくはつらつとしたキャッチーなサウンドが、限りなくフレッシュで爽やかに心突き刺さること間違いなし。上記の快挙が頷ける内容。必聴!

Supalonely ft. Gus Dapperton

BENEE – Supalonely ft. Gus Dapperton

 

Soaked

BENEE – Soaked (Official Video)

▼BENEEの記事はこちら▼

BENEE / いま話題のニュージーランド発次世代ポップスター!
ニュージーランド、オークランド出身の新星シンガーソングライター、Stella Rose Bennettのソロプロジェクト、BENEE(ベニー)。明るくはつらつとしたキャッチーなサウンドが、限りなくフレッシュで爽やかに心突き刺さること間違いなし。超おススメなので掘り下げてレビューしていきたいと思います。

 

– まとめ –

【 インディポップ 】2020年注目したいアーティスト6選でした。キャリアもそれぞれ違い、アプローチもそれぞれの違いが面白い6組だったと思います。2020年以降の活躍を期待したいですね!

▼あわせて読みたい『ローファイ・インディ特集』はこちら▼

【洋楽】夏にまったり聴く ダウナー系 インディ 12選
ダウナーで、まったり、ゆっくり、落ち着けるBGMを流してみませんか。『特別な』夏にピッタリ合いそうな、おススメのダウナー系 インディ サウンドをご紹介。ソウル~ポップ、ロックまで今年の夏は家でゆっくり過ごしながらローファイ、ダウナーなインディサウンドに浸ってみてください。