Dutch Uncles / ニューウェーヴなエレクトロ・アート・ロック・バンド

Dutch UnclesIndie
Pocket

シンガー/ピアニストのDuncan Wallis、ギタリストのPete BroadheadとDaniel Spedding、ベーシストのRobin Richards、ドラマーのAndy Proudfootからなるイギリス・マンチェスターのエレクトロ・アート・ロック・バンド、 Dutch Uncles (ダッチ・アンクルズ)。

5人は大学時代に知り合いバンドを結成、トーキング ヘッズ、XTC、ザ スミス、フィールド ミュージック、ティアーズ フォー フィアーズ、キング クリムゾン、ケイト ブッシュらに影響を受けたUKインディロック~ポップを展開しており2008年セルフタイトルアルバム『Dutch Uncles』でデビュー。

その後インディロック系アーティストを数多く抱えるインディレーベル、Menphis Industriesと契約しWild BeastsParamoreらのツアーサポートを経て4枚のアルバムをリリースしています。

2023年に3月には6枚目となるアルバム『True Entertainment』のリリースが決定、そのアルバムの先行シングルが数曲リリースされており、今回はYellow Magic Orchestra、Prince、Steely Dan、Ennio Morricone、The Blue Nile、Kate Bush、Roxy Music からインスピレーションを得たようで、確かに80年代エレクトロポップからニューウェーヴやソフトロックが融合されたノスタルジックでキラキラとしたエンターテイメントさを感じる仕上がりになっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Dutch Uncles : レビュー

フロントマンのDuncan Wallisがカラオケを興ずるユニークなMVのエレクトロポップ。

Dutch Uncles – True Entertainment

 

トーキングヘッズとロキシーミュージックが混ざったあの頃のUKニューウェーヴポップが楽しい!

Dutch Uncles – Tropigala (2 to 5)

 

前作アルバム『Big Balloon』からのタイトルトラック。タイトなベースラインがカッコいい、David Bowieと東欧ヨーロピアンテクノが合わさったようなサウンド。

Dutch Uncles – Big Balloon

 

2013年『Out of Touch In The Wild』より、軽快なストリングスとアップテンポなトラックのケイト・ブッシュ系ポップ。

Dutch Uncles – Flexxin

 

ニューウェーヴなインディ・ポップバンド、 Dutch Uncles (ダッチ・アンクルズ)でした。

Duncan Wallisの声がもうその時代って感じで、70年代~80年代のニューウェーヴの雰囲気漂うインディポップバンドですね。