少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Electronic

Chromeo 美脚のエレクトロ・ファンクデュオ!

更新日:

Pocket

カナダ、モントリオール出身のエレクトロ・ファンクデュオ、Dave One(デイヴ・ワン)とP-Thugg(ピー・サグ)の二人組、 Chromeo (クローメオ)。

「エレクトロ・ファンク」というくくりと「デュオ」でいうと、この Chromeo かJake OneとMayer Hawthorneからなる Tuxedo が現在シーンのど真ん中にいますが、どちらにも共通するポジティブ感と程よいポップス感を持ち、Tuxedoはファンクネス、R&B寄り、に対し Chromeo はディスコポップ、シンセポップ寄りといったところでしょうか。活動としても2004年からだから彼らのほうがずっと長いですね。

そして前作「White Woman」から4年ぶりとなるアルバム、「Head Over Heal」が2018年6月15日リリースされました。

相変わらずのノリの良さとキャッチーさ溢れる曲作りを、さり気なく貫いてるところがニクい作品。そしていつものトレードマークである「美脚」も健在。

 

レビュー

Chromeo - Juice

アルバム「Head Over Heal」からの先行カット。Chromeo らしいポップ感全開の絶品エレクトロファンク。

 

 

Chromeo - Don't Stop feat. French Montana & Stefflon Don

今旬なラッパー、フレンチモンタナとステフロン・ドンをフィーチャーしたエレクトロポップチューン。

 

 

 

Chromeo - Must've Been feat. DRAM

ラッパーのDRAMをフィーチャーしたキャッチーポップソング。

 

 

Chromeo - Just Friends

Amber Markをフィーチャーした、80年代風なビビットなビートが心地良いシンセポップ。

 

 

Chromeo - Night by Night

おススメ。2010作「Buisiness Casual」から、Daft Punkともシンクロするディスコポップ。

 

 

Chromeo - Fancy Footwork

彼らのテーマ曲でもある代表曲。

 

 

MAX - Checklist (feat. Chromeo)

結構ゲスト出演も多く、こちらはNYの人気シンガーソングライター兼俳優のMAXとの共演ヒットシングル。

 

 

まとめ

美脚のエレクトロ・ファンクデュオ、 Chromeo でした。今回のアルバム「Head Over Heals」においては特にポップ感を前面に押し出してきており、エレクトロファンクという領域の中でもシーンのど真ん中に切り込んできた、そういう意気込みを感じる作品でした。

 

 

最新アルバム「 Head Over Heal 」の試聴はこちら。


DJランキング

-Electronic
-, ,

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。