Workshy / オシャレさの頂点を行くUKアーバンポップデュオ

スポンサーリンク
workshy洋楽ライフ
Pocket

イギリス、マンチェスター、ロンドン出身の3人組によって1986年に結成されたブリット・アーバンポップバンド、 Workshy (ワークシャイ)。

スティーヴィー・ワンダーバート・バカラックに影響されたソウル、ポップ、ファンク、ラテン、ジャズをライトなタッチでブレンドした瀟洒で都会的な洗練された音楽性で、同時期にデビューしたシャーデースウィング・アウト・シスターマット・ビアンコバーシアらとともに80年代~90年代のUKのクロスオーバーなアーバンポップ界を牽引したグループでした。

1989年『The Golden Mine』でデビュー、途中1992年にギターのKevin Damien Kehoeが脱退し、その後はデュオとして現在まで長きに渡って活動しています。

とりわけアジア、日本での人気が高く、80年代~90年代の感度の高い若者から高い支持を受けていて日本のレーベルJVCビクター、ポニーキャニオンと契約し日本発でアルバムリリースしており、現在でもP-Vineからアルバムリリースされています。

前述シャーデースウィング・アウト・シスターマット・ビアンコバーシアの中でも日本での評価がずば抜けて高かったような気がしますね。また、どのグループも「オシャレ」という表現が似合いますが、その中でもオシャレさ、ファッショナブルさで最上位に位置するのがこのWorkshyなのではないでしょうか。

それでいて変な嫌味のない、ちょうど良いライトさ、スマートさが感じられた全方位、オールマイティに誰もが「イイね」と思わせるようなツボをついてきます。特に日本人の美意識的な琴線に触れる音楽なのかもしれませんね。

2020年10月には、94年に日本向けにリリースしたソウルの名曲カバーEP『Love Soul』に新たな楽曲を追加した拡張版になる『Soul Love』という名前がひっくり返ったフルアルバムをリリース。

現在に至っても精力的に活動する2人、ワークシャイの歴代アルバムからの代表曲、おススメ曲をピックアップしていきます。

スポンサーリンク

Workshy : おススメレビュー

You’re The Summer

89年『The Golden Mine』(邦題;いつかどこかで)より。デビューアルバムですでに完成された、どの曲もワークシャイの魅力がたくさん詰まった名盤。その中からのアルバムオープナー、この曲でみんなヤラれたと思います。ボクもその一人。

You're The Summer

 

Workshy – Fascination 

92年『Ocean』より。こちらもアルバムオープナーの爽やかさと落ち着きさを両立させたラテンフレイバー・ポップ。

Fascination

 

Heaven And Then

93年『Heaven』より。レゲエサウンドを取り入れたライトメロウ・ポップ。この辺りのエッセンスの取り入れ方のセンスが非常に素晴らしいですね。

Heaven And Then

 

It’s Too Late

94年日本限定企画盤『Soul Love』より。キャロル・キングの名曲をオシャレにカバー。

It's Too Late

 

Under The Influence

95年『Under The Influence』からのタイトルトラック。ブラスを効果的に取り入れた、スウィングアウトシスターをよりクールにしたようなアーバンポップ。

Under The Influence

 

 

Dream On

98年『Allure』より。ピアノのメロディがピースフルで美しい上質アーバンポップ。

Dream On

 

Anything You Want

2000年『Clear』より。清涼感抜群の夏のカフェBGMサウンド。アルバムタイトル通りのどこまでも透き通るようなサウンドとクリスタ・ジョーンズのボーカルに癒されます。

Anything You Want

 

How It Is

2002年『Mood』より。日常の中にスッと浸透していくような、誰も不快に思わない多幸感あふれるヒーリングポップ。

How It Is

 

Smile

2007年『Simple Again』より。今までのワークシャイたる様式美をベースにサウンドメイク含めてアップデートした雰囲気を全体から感じるアルバム。

この曲もそんな一皮むけたグルーヴ感を感じる作品。

Smile – Workshy

 

West End Lane

2011年『Bitter Sweet』より。熟練度が増した二人のサウンドメイクが織りなすオトナの苦くも甘い上質サウンドのオンパレード。

心地よくも程よいスピード感で爽やかな風が吹き抜けるような、絶妙なバランス感覚を見せるアシッドジャズサウンド。

West End Lane – Workshy

 

Quiet Storm

新旧ファンに健在ぶりをアピールした2017年『Wayward』より。スモーキー・ロビンソンの名曲を余裕のワークシャイサウンドでカバー。

Workshy Quiet Storm

 

『Love Soul』

2020年10月リリースのソウル名曲カバー集。アルバム全体はこちらでチェック。

 

まとめ

オシャレさの頂点を行くUKアーバンポップデュオ、Workshy(ワークシャイ)でした。

誰もが気持ちよく上質な日常を送るために用意された音楽、とでもいうような、みんなを幸せな気持ちにしてくれるサウンドは理屈抜きで良いものですね。

しかし、シャーデースウィング・アウト・シスターマット・ビアンコバーシアそしてワークシャイも、この年代のUKアーバンポップアーティストは皆さん息長く活躍されてますね。