Jaz Karis / 現代UKソウルのトップバッター

Jaz KarisR&B
Pocket

サウスロンドンを拠点にするR&Bシンガーソングライター、 Jaz Karis (ジャズ・カリス)。

教会の聖歌隊で育ち、7歳の頃からピアノを弾きながらパフォーマンスしていた彼女はエイミー・ワインハウスやアデルらを輩出した名門ブリットスクールで本格的な音楽プロダクションを学び、2017年EP『Into The Wilderness』でデビュー。

ソウル、ジャズ、ヒップホップからアマピアノ、アフロポップなどを取り入れ、D’AngeloやSWV、Erykah Badu、Alicia Keysらに影響されたというサウンド全体のアプローチや余韻のある甘美なボーカルワークは、イギリス出身というよりもアメリカのそれに近い雰囲気を醸し出しており、ちょうど同じサウスロンドン出身のElla Maiに近い印象を持ちます。

Blue Lab Beats、Juls、Kojey Radical、Reuben Jamesらイギリスの重要プロデューサー、アーティストらとの仕事をはじめ、DJ Target、Diploらダンスミュージック界からも高い支持を受け、イギリスの音楽シーンにおいて一定の評価を獲得しており、前述Ella Maiのように世界的にブレイクしていく可能性の高いアーティストです。

2022年11月17日には4作目となるスタジオEP『DEAR JAZ』をリリースしています。

スポンサーリンク

Jaz Karis : レビュー

DEAR JAZ』より、しなやかなミディアムトラックとシルキーなボーカルによる洗練されたR&Bトラック。

Jaz Karis – SIDE OF YOU (Visualiser)

 

2019年作。アフロビート使いでパンチのあるトラックにゆったりとしたボーカルを乗せることで全体的にまろやかな印象にしている秀作。

Jaz Karis – Fairytales (Official Music Video)

 

こちらはアフロカリビアンなレゲエビートと甘美なボーカルの組み合わせ。

Jaz Karis – Let Me Down (Lyric Video)

 

2019年作。個人的にこの曲の印象が一番強いUS産っぽいフレッシュなコンテンポラリーR&B。

Jaz Karis – Doubt My Love (Official Video)

 

デビュー作『Into The Wilderness』からBlue Lab Beatsプロデュース作。さすがのトラック!表現力豊かなJazのボーカルも素晴らしい。

You Do

 

現代UKソウルのトップバッター、 Jaz Karis (ジャズ・カリス)でした。 

イギリスでの人気は確立されていますが、USでもブレイクしても良い素材だと思うので今後の活躍に期待ですね。それにしてもずっとEPでのリリースが続いていますがアルバムは出さないんでしょうかね。。。