Jasmine Myra / インテリジェント・エモーショナルジャズ

Jasmine MyraJazz
Pocket

イギリス、リーズを拠点に活動するサックス奏者、作曲家、バンドリーダー Jasmine Myra (ジャスミン・マイラ)。

リーズ音楽院を卒業後、2018年イングランド北部の新進ジャズアーティストを支援するスキーム「Jazz North Introduces」へ参加したことでGondwana RecordsのボスであるMatthew Halsallによって見出され、Gondwana RecordsのレーベルアーティストであるGoGo Penguin、Mammal Hands、Hania Raniらをサポート。

2022年7月にはそのMatthew Halsallのプロデュースによってデビューアルバム『Horizons』をリリース。

Kenny Wheeler、Bonobo、Olafur Arnalds、Moses Sumneyらの影響を受けたという現代ジャズとエレクトロニカル、ネオソウルのエッセンスとMatthew Halsallプロデュースらしいスピリチュアルさと優雅で高揚感のある表現を、時にフルート、時にアルトサックスを持ち、カーメル・スミッカーズギルによる弦楽四重奏ら多人数のアンサンブルで聴くことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Jasmine Myra : レビュー

Horizens

アルバムタイトルトラック。優雅さの中にソウルフルで、エモーショナルな世界へと旅立つような作品。

Jasmine Myra – 'Horizons' (Official Video)

 

 Alice Robertsによる美しいハープとJasmine Myraのアルトサックスが美しく溶け合う多幸感溢れる演奏。

Awakening

 

ポジティブな雰囲気で新たな希望へと前進するような雰囲気でアルバムの最後にこのタイトルをつけて締めているところに今後の期待が膨らみます。

New Beginnings

 

Gilles PetersonのBrownswood Basementでのセッション。凛とした空気感と知的でエモーショナル溢れる演奏。素晴らしい!

Jasmine Myra Live in The Brownswood Basement

 

インテリジェント・エモーショナルジャズ、 Jasmine Myra (ジャスミン・マイラ)でした。

ジャケットからしてGondwana RecordsっぽいというかMatthew Halsallの世界観全開ですが、聴き込むほど心に沁みわたるようなロマンティックで神秘的、そしてエモーショナルなジャズでした。おススメです。