Ego Ella May / ロンドン・ネオソウルシーンを担う才女

ego ella mayNeo-Soul
スポンサーリンク
Pocket

サウスロンドン出身のシンガーソングライター、 Ego Ella May (エゴ・エラメイ)

「すべてのルーツはジャズ」と語るように、ジャズへの深い愛情と尊敬から生まれる優しくもソウルフルなネオソウルミュージックを生み出します。

BBCBandcampなど音楽サイトはもちろん、Oscar JeromeJoe Armon-Jonesをはじめとするロンドン音楽シーンの面々とのつながり、そしてご意見番、ジャイルズ・ピーターソンからも高い評価を得ている期待の新鋭。

同郷サウスロンドンのプロデューサー、Wu-Luのエッジの利いたサウンドと深みのあるボーカルが、現代ロンドン・ネオソウルシーンのど真ん中的な内容。

2019年EP『So Far』でデビュー、2020年6月にアルバム『Honey For Wounds』をリリースしています。

プロデューサーは盟友Wu-Luをはじめ、Nubiyan TwistTom ExcellAlfa Mistも加わり、バックにはOscar JeromeJoe Armon-Jones、Ashley Henry、Theo Crockerなど新世代ジャズの強力な布陣が控えています。

これはもう間違いない作品です!

 

スポンサーリンク

Ego Ella May : レビュー

Table For One

アルバム『Honey For Wounds』より。

緩やかなイントロダクションからクラシカルに流れ、ブレイクから現代UKジャズらしいエネルギッシュなドラミングに優雅なエレピとコーラスのコントラストへと展開するファンタジーネオソウル。

バックはKeys/Joe Armon Jones、 Guitar/Oscar Jerome、Drums/Eddie Hick、Bass/Wu-Luという強力な布陣。

Ego Ella May – Table For One (Official Video)

 

 

Give A Little

アルバム『Honey For Wounds』より。

優しく穏やかなボーカルとコーラスをギターとトランペットの音色が包み込んでいく心安らぐネオソウル。

トランペットはTheo Crocker

Ego Ella May – Give A Little (Official Music Video)

 

 

How Long ‘Til We’re Home

アルバム『Honey For Wounds』より。

ドリーミーなギターに包まれた緩やかなサウンドだが、ナイジェリアの移民の子としてロンドンで育ったときに感じた孤独と変位を歌ったもの。

Ego Ella May – How Long 'Til We're Home (Official Music Video)

 

 

Girls Don’t Always Sing About Boys

アルバム『Honey For Wounds』より。

冒頭からどこかエリカ・バドゥを想起させる歌いだしの雰囲気が感じられるスムーズR&B。

Ego Ella May – Girls Don't Always Sing About Boys (Official Music Video)

 

 

 

How Far

2019年EP『So Far』より。

ヒップホップのようなディープなビート、艶美なシンセ、グルーヴィーなベースラインにクール&タイトなボーカルが素晴らしい出来栄え。

Ego Ella May – How Far

 

 

Nubiyan Twist – 24-7

Nubiyan Twistの新作でもヴォーカルフィーチャー。

Nubiyan Twist feat. Ego Ella May – 24-7

▼Nubiyan Twistの記事はこちら▼

Nubiyan Twist / 変幻自在なダイナミック・アフロジャズコレクティヴ
ロンドン拠点の10人編成のジャズコレクティヴ、 Nubiyan Twist (ヌビヤン・ツイスト)。アシッド・ジャズをベースに様々なスタイルを融合させたパワフルなサウンドで魅了。現代UKジャズのトレンドでもあるアフロビートを変幻自在でクロスオーバーに仕上げた、自由なジャズを楽しめます。

 

 

まとめ

ロンドン・ネオソウルシーンを担う才女、Ego Ella May(エゴ・エラ・メイ)でした。

エラ・メイ」と言えばR&Bシーンに大きく羽ばたいた「Ella Mai」ですが、こちらのエラ・メイ=Ella Mayもネオソウルシーンに大きく羽ばたきそうな逸材です。

▼そっちの「Ella Mai」はこちら▼

Ella Mai / フェイバリットR&Bソング - Boo'd Up
イギリス、サウスウェストロンドン出身で現在はNYやLAを活動拠点とするR&Bシンガーソングライター、 Ella Mai (エラ・メイ)。大ヒット曲"Bou'd Up"もグラミー「Best R&B Song」を受賞と、今やH.E.RやMahalia等と並び現代コンテンポラリーR&Bの牽引者といった感があります。

▼あわせて読みたいロンドン・ネオソウルシーン特集はこちら▼

【2020年】注目の新鋭ジャジー ネオソウル 6選【イギリス】
イギリス・ロンドンはジャズシーンが何よりもアツいですが、そのジャズシーンを背景に育まれた"ネオソウル"系アーティスト6組をご紹介。才能ある若いミュージシャンたちが濃密に混ざり合うロンドンの最新音楽シーンの中で揉まれながら頭角を現してきた新たな才能たち。そのフレッシュながらも濃厚に溢れ出るUKからの才能を堪能しましょう。