Natalie Slade / オーストラリアの実力派ネオソウルシンガー

natalie sladeNeo-Soul
Pocket

オーストラリア・シドニーを拠点とするボーカリスト、 Natalie Slade (ナタリー・スレイド)。

現代オーストラリアネオソウル・フューチャーソウルの先駆的バンド、Hiatus KaiyoteのキープレイヤーであるベーシストのSimon Mavinがプロデュースし、イギリスのエレクトロニック系プロデューサー、Floating Pointsが主宰するレーベルEGLOからデビューした注目の実力派シンガー。

2020年6月にアルバム『Control』をリリースしています。

R&B、ソウル、ジャズをベースにしたクロスオーバーなサウンドとフォーキーでオーガニックなアプローチからダウンテンポ、エレクトロニックまでをさり気なくも緻密に練り込まれた作りに、Natalie Sladeのソウルフルな歌声が混ざり合う非常にレベルの高い作品。

最近のオーストラリアトレンドをしっかりと捉えつつ、高次元に進化している聴き応えのあるアルバムではないかと思いますのでレビューしていきましょう。

 

スポンサーリンク

Natalie Slade : レビュー

Love Light

ジャジーオーガニックなサウンドとソウルフルで大人っぽいボーカル。Hiatus Kaiyoteらしい作りですが、メロディ展開を抑え、あえてシンプルにグルーヴ感を意識したプロダクションが秀逸。

Natalie Slade 'Love Light' (Eglo Records)

 

Humidity

モダンにレイドバックするメロウジャジーサウンドがカッコイイですね。おススメです。

Humidity

 

Could Cover

アルバム1曲目は30/70のようなオーストラリア産フューチャーソウルからスタート。

ここから全曲視聴可能です。

 

Steve Spacek – Plain Site

UKフューチャー・ソウルバンド、スペイセックの中心人物である同レーベルEGLOに所属するSteve Spacekのアルバム『Sci-Fi』から、奥深い味わいを感じさせる魅惑の共演。

Plain Site (feat. Natalie Slade)

 

Lost Frequencies – Before Today

ベルギーの人気DJ、プロデューサーLost Frequencies(ロスト・フレクエンシーズ)の2019年作。声質的にもこういったディープハウス、クラブサンドでのコラボレイターとしても人気が出そうです。

Lost Frequencies – Before Today (feat. Nathalie Slade)

 

まとめ

オーストラリアの実力派ネオソウルシンガー、Natalie Slade(ナタリー・スレイド)でした。

現代オーストラリアネオソウル~フューチャーソウルシーンの見逃せない大型新人ではないでしょうか。

HiatusKaiyoteのみならず、FatimaCharlotte Des SantosYazmin LaceyJoyce WriceKadhja Bonetあたりが好きな方は必聴です。

日本版はP-Vineからリリースされています。

▼あわせて読みたいJoyce Wriceの記事はこちら▼

Joyce Wrice / LAで活躍する日系インディR&Bシンガー
サンディエゴ出身で現在はLAを活動拠点にする日系アメリカ人シンガーソングライター、 Joyce Wrice (ジョイス・ライス)。日本人の血を感じるそのしなやかな歌声で、数々のラッパーやビートメイカー、シンガーとも多数共演する名コラボレイターでもある彼女の魅力をレビューしていきたいと思います。