Electronic

Electronic

【洋楽】元気が出る パワーエレクトロ ポップ 11選

パワフルなエレクトロニック系サウンド= パワーエレクトロ ポップ をお送りします。時代の最先端なサウンドを取り入れつつも、誰もが「この曲気になる!」と思わせるキャッチーさを兼ね備えた絶妙なバランスは気合入れたいとき、元気が欲しいときの強壮剤になれそうですね。
Electronic

ODESZA / インディエレクトロニックシーンのトップクリエイターデュオ

シアトルのプロデューサー・ユニット、 Odesza (オデッザ)。巧みな空間表現、シネマティックでエモーショナルな雰囲気を醸し出すエレクトロニックサウンドによってチルウェーヴ、フューチャーベースシーンにおいてトップクリエイターの座に君臨するデュオ。
Crossover

WheelUP / ブロークンビーツ・リバイバリスト

ウェストロンドンを拠点にするプロデューサー、DJのDanny Wheelerによるプロジェクト、 WheelUP (ホイールアップ)。ウェストロンドン伝統のブロークンビーツの使い手として、2020年代のリバイバリストとしてのプロジェクト、WheelUPを始動。UKの著名DJ、メディアからも高く評価されています。
スポンサーリンク
Electronic

Tom Aspaul / レトロフューチャー・ディスコポップ

イギリス、ウォルバーハンプトン出身のシンガーソングライター、DJ、プロデューサーの Tom Aspaul (トム・アスポール)。80年代~90年代のUKエレクトロポップ、ディスコを基調にしたリヴァイバル・ディスコポップです。
Electronic

Blue Hawaii / カナダのエレクトロニック・ドリームポップデュオ

カナダ、モントリオールのエレクトロニック・ドリームポップデュオ、 Blue Hawaii (ブルーハワイ)。トランス、UKガラージ、トリップホップなどのエッジの効いたトラックに、アコースティックでドリーミーなメロディが溶け込む、冷たくも暖かいサウンドプロダクションです。
Electronic

The Merindas / アボリジニの希望を秘めたボーカルデュオ

オーストラリア、メルボルンを拠点とするオルタナティヴR&B/エレクトロポップ・デュオの The Merindas (ザ・メリンダス)。若い先住民女性たちのファッション、ダンス、モデルのカリスマとして、ローカルな存在からオーストラリア全土、そしてワールドワイドな存在へと成長しつつあるボーカルデュオです。
Electronic

Dawn Richard / 近未来ロボティクスR&B

ニューオーリンズ出身のシンガーソングライター、女優、ダンサー、モデル、アニメーターの Dawn Richard (ドーン・リチャード)。先鋭的なエレクトロミュージックとR&Bが見事なバランスが保たれた独自のポジションに立っていますね。
Electronic

Miguel Migs / ウェストコースト・ディープハウスの重要人物

サンフランシスコを拠点にするDJ、エレクトロニックミュージックプロデューサー、 Miguel Migs (ミゲル・ミグス)。90年代中盤以降からディープ・ハウスのアンダーグラウンド・シーンで活躍しており、現在のウェストコースト・ハウス、ラウンジ系ハウスの第一人者です。
Crossover

Emma-Jean Thackray / 次世代UKジャズ界を担う才女

サウスロンドンを拠点とするバンドリーダー、マルチインストゥルメンタリスト、プロデューサー、DJの Emma-Jean Thackray (エマ・ジーン・サクレイ)。ジャイルス・ピーターソンをはじめとする英国ジャズ界、各メディアから「最も注目すべきアーティスト」として期待されてきたアーティストです。
Electronic

Loraine James / センスが光る次世代UKエレクトロ

ノースロンドン出身のエレクトロニックミュージックプロデューサー、 Loraine James (ロレイン・ジェイムス)。ジャズ、エレクトロニカ、UKドリル、グライムといったUK音楽カルチャーを吸収し、カラフルなコラージュで染め上げた独自のエレクトロミュージックの世界を築き上げています。
Crossover

Scrimshire / クール&エモーショナルグルーヴの達人

マルチインストゥルメンタリスト兼プロデューサー、DJの Scrimshire (スクリムシャー)。ジャズ、ソウル、ファンクを基調としながらも現代エレクトロニックやポップスを取り入れた、趣がありアートフォームな独自のフィーリングを感じさせるサウンドです。
Electronic

RP Boo / シカゴフットワークカルチャーのレジェンド

シカゴ出身のエレクトロニックミュージック、ジューク/フットワーク・アーティストとしてArpebu、Kavain Space名義でも活動するプロデューサー、 RP Boo (RP・ブー)。シカゴジューク/フットワークのオリジネイターの一人としてこのジャンルを開拓してきたレジェンド。
Electronic

Opolopo / ストックホルムのファンキー・ディスコキング

ハンガリー・ジルク生まれ、スウェーデン・ストックホルム育ちのDJ/プロデューサー、 Opolopo (オポロポ)。厚みのあるファンキーなベースラインとヨーロッパらしい煌びやかなトラックは、クラブだけではなく気分を上げたい時やハウスパーティなどの集まりでもBGMとしてもおススメです。
Electronic

Flight Facilities / オーストラリアの人気エレクトロニックデュオ

オーストラリアを拠点にするエレクトロニックプロデューサーデュオ、 Flight Facilities (フライト・ファシリティーズ)。クラブミュージックのタイトな音作りにポップな要素を散りばめることで取っつき易い、日常の中でも触れ易いサウンドに仕上げていて、EDMやクラブミュージックファンでなくても入りこみ易いサウンドです。