Electronic

Electronic

Surf Mesa / 色彩豊かなサーフエレクトロニックポップ

シアトル出身のエレクトロニック系プロデューサー、 Surf Mesa (サーフ・メサ)。エレクトロニックベースですがアメリカ西海岸らしい色彩豊かでビビットなサウンドコラージュは有機的で温かみを持ち、そのイメージを"Surf Mesa"という音楽スタイルと彼自身が呼んでいます。
Electronic

Seb Wildblood / ジャジーディープハウスの重要人物

LAを拠点に活動するDJ、プロデューサー、ジャジーディープハウスの重要人物、 Seb Widblood (セブ・ワイルドブラッド)。洗練されたモダンハウスからはじまり、ジャジーディープハウスへの傾倒とその世界観は、クールな中にも哀愁や情景といった言葉が似合う温かみを感じさせる作品が魅力的。
Crossover

【コンピレーションアルバム】 Global Sounds / Boomerang Records

エレクトロニック、ジャズ、ブロークンビートなどを専門とするインディペンデント・レコード・レーベル、Boomerang Recordsからリリースされたコンピレーションアルバム、"Global Sounds"をご紹介。ロンドンの旬なプロデューサー、アーティストが集結した、聴き応え抜群のコレクションとなっています。
スポンサーリンク
Electronic

Franc Moody / ブレンドが絶妙なファンク・エレクトロニカ

ロンドン出身のNed FrancとJon Moodyの2人を中心にバンド編成するコンテンポラリーファンク~ハウスミュージックユニット、 Franc Moody (フラン・ムーディ)。ファンク、ディスコ、ソウルのサウンドスタイルにエレクトロニックミュージックをブレンドしたモダンポップを展開します。
Electronic

Rochelle Jordan / クール・モダンエレクトロニックR&B

ロサンゼルスを拠点にするシンガー Rochelle Jordan (ロシェル・ジョーダン)。UKガラージ、ドラムンベース、現代的に解釈されたニュージャックスウィングなどのモダンエレクトロニックサウンドと彼女の淡いボーカルが内省的かつメランコリックに溶け合う独自の空間を創り上げています。
Crossover

Anushka / 甘く切ないジャズ・エレクトロニック

イングランド南東部ブライトンを拠点とするジャズ・エレクトロニック・デュオ、 Anushka (アヌーシュカ)。ジャズとエレクトロニックの融合に、甘く切ないメロディーが全体をポップに包み込んでいて、イギリスのジャズ・エレクトロニック・シーンのエッジさがありながらも聴き手を選ばない作りが特徴的です。
Electronic

India Jordan / 恍惚にループするハイエナジー・ハードテック

イングランド出身のドラムン・ベース、UKベース、ハードコアテクノDJ、プロデューサーの India Jordan (インディア・ジョーダン)。かなり高速ハイエナジーなビートプロダクションを得意とし、ループする音ネタとそこから生まれる独自のグルーヴ感が、一度聴くと病みつきになる魔力があります。
Crossover

Blue Lab Beats / 最先端ジャズ・アフロトロニカデュオ!

ビートメイカー、プロデューサーのNK-OKと、マルチ奏者のMr DMによるプロダクションデュオ、 Blue Lab Beats (ブルー・ラブ・ビーツ)。ヒップホップ、R&B、ジャズ、エレクトロニカ、アフロビートを縦横無尽に操るり、群雄割拠のUKジャズシーンに中でもその存在感を確たるものとしています。
Electronic

George Riley / 最新サウンドを乗りこなす注目シンガー

ウェストロンドン、シェパーズ・ブッシュ出身のシンガー、 George Riley (ジョージ・ライリー)。 ジャズ、R&B、トリップホップ、エレクトロニカなど、ロンドンの最新カルチャーのエッセンスが盛り込まれた多様なサウンドと、ユダヤとジャマイカの血を引く個性的な容姿と表現豊かなヴォーカルが持ち味です。
Electronic

Redinho / ディープな英国産エレクトロファンク

ロンドン出身のマルチプレイヤー、プロデューサーのTom Calvert(トム・カルバート)によるソロプロジェクト、 Redinho (レディンホ)。ヨーロッパのエレクトロファンク、エレクトロブレイクビーツ、ファットビート界隈の一角として存在感を放っている一人です。
Electronic

Logic1000 / 変幻自在なエレクトロニックトラベラー

オーストラリア、シドニー出身で現在はベルリン在住のプロデューサー Logic1000 (ロジック1000)。ブレイクビートやデジタルシンセ、ダンスホールからパーカッシブなトライバルサウンドまで変幻自在に変わる音楽スタイルは「ハウスミュージック」シーンでは収まらない懐の大きさです。
Crossover

Turbulance / Kid Sublimeが手掛けるハイセンスクロスオーバージャズ

ブレイクビーツ~クロスオーバーを代表するユニット、REDNOSE DISTRIKTの創設メンバーでもあるオランダのカリスマビートメイカー、Kid SublimeがUKのDJ Mishulino、ジャズキーボーディストBeka Gochiashviliと組んだプロジェクト Turbulance (ターブランス)。
Electronic

Paco Versailles / フラメンコとエレクトロポップの幸福な出会い

Vahagn TurgutyanとRyan Merchantによるプロジェクト、 Paco Versailles (パコ・ヴェルサイユ)。「Dancemenco」=エレクトロポップ、ディスコ、フラメンコが一体となった、フランス産のようでありスペイン産のようだけど、LA産の爽快エレクトロポップミュージックです。
Electronic

Rudimental / UKクラブシーンを牽引するカルテット

2010年代以降のUKアンダーグラウンドミュージックシーンを代表するプロデューサー・カルテット、 Rudimental (ルディメンタル)。パワフルでソウルフルなサウンドで2010年代のUKクラブシーンを牽引し、電子的な音楽だが非常に有機的で拡張性と厚みのある世界観を生み出していて、多くのフェスでのパフォーマンスでも人気ですね。