オーガニックソウル

Neo-Soul

Lydia Persaud / バリトン・ウクレレで綴るアコースティック・ソウル

カナダ、トロントを拠点にするシンガーソングライター、 Lydia Persaud (リディア・パーソード)。バリトン・ウクレレを使って作曲されるフォーキーなアコースティックサウンドと70年代ソウルシンガーのような表現豊かでソウルフルな歌声によるフォーキー・ソウルシンガーです。
Neo-Soul

Hope Tala / 知性溢れるボサノヴァ・ネオソウル

ウェスト・ロンドンを拠点とするモダンでメロディアスなボサノヴァ系ネオソウルを奏でるシンガー/ソングライター、 Hope Tala (ホープ・タラ)。そのサウンドとボーカルは知性と情熱に溢れ、インディア・アリーやエイドリアナ・エヴァンズなどを彷彿とさせる洗練されたジャジーネオソウルです。
Indie

Kadhja Bonet / フレンチシネマのような魅惑の音楽世界

フレンチシネマのような魅惑の音楽世界が広がるLAから現れたシンガーソングライター、 Kadhja Bonet (カディア・ボネイ)。70年代フォーク(彼女自身は"ジプシーフォーク"と呼んでいます)のようなモノトーンで深みのある情景が漂う、一度聴いたら耳についてしまう不思議な魅力を持った世界観です
スポンサーリンク
R&B

Amber Mark / サイコーにクールな大注目R&Bシンガー!

R&Bをベースにエレクトロニック、ボサノヴァ、ヒップホップのスタイルを巧みに取り入れた爽やかなサウンドがサイコーにクールな大注目のインディR&Bシンガー、 Amber Mark (アンバー・マーク)。類まれなセンスとやや低音なヴォイスが、オルタナティブでトロピカルなR&B~ハウスサウンドへと昇華されています。
Indie

UMI / 日本人の母親とアメリカ人の父を持つローファイR&Bシンガー

シアトル生まれのLA在住のネオ・ソウル、ローファイ・オルタナティブR&B系シンガー、UMI(ウミ)。飾り気のない素直でシンプルなリリックと、現代的アプローチでありながらノスタルジックでメロディアスなローファイR&Bサウンドの組み合わせが個性的で、耳に心地良く癒されること間違いありません。
Neo-Soul

anaiis / 人生の奥深さを探求するアフリカン・フレンチシンガー

フランス生まれで現在はロンドンを拠点に活動するソウルシンガー、 anaiis (アナイス)。様々な国から影響を受け、様々なサウンドやストーリーの中で育ち、多くの言語を吸収した経験と人種差別という負の経験を、自己内省、慰め、そしてエンパワーメントの力へと転換した人生の奥深さを音楽へ注ぎ込むソウルシンガー。
Indie

James Alexander Bright / センス溢れるブルーアイド・インディソウル

ハンプシャーを拠点にするマルチ奏者、プロデューサー、イラストレーターの James Alexander Bright (ジェイムス・アレキサンダー・ブライト)。60年代のサンシャイン・ポップ、ディスコ、ソウル、ジャズをドリーミーでローファイに折り重ね、イングランドのディープ・サウスの緑豊かな土地が育んだ上質なUKサウンドです。
R&B

Pink Sweat$ / ピンクに染まるアコースティックR&B

フィラデルフィア出身のシンガーソングライター、 Pink Sweat$ (ピンク・スウェッツ)。流行りのR&Bと一線を画したアコースティックな楽曲と透明感のあるボーカルが、プラットフォームと各メディアを中心に絶賛されている話題のシンガーです。
Neo-Soul

Common Saints / ザ・サイケデリックソウル・ファンク

サウスロンドン出身のコンポーザー、プロデューサーの Common Saints (コモン・セインツ)。60年代から80年代初頭のビンテージソウルのテイストをベースに、サイケデリック、ジャズ、ラウンジのエッセンスを取り入れた懐かしくて暖かく、かつ新しいサウンドとなっています。
R&B

Dianna Lopez / ブレイク間近なローファイR&Bシンガー

ニューヨーク州ロックランド出身の若手シンガー、 Dianna Lopez (ディアナ・ロペス)。 その音楽性はロック、アバントポップ、R&Bの要素がブレンドされ、芯が強くもしなやかでローファイな空気感のインディR&Bが展開されています。
Neo-Soul

Greentea Peng / 独特なオーラを放つサイケデリックスR&B

サウスロンドン出身のシンガーソングライター、 Greentea Peng (グリーンティ・ペン)。個性派ぞろいのロンドン音楽シーンの中でもひときわ個性的なオーラを放っている存在。独特の存在感とダブ、レゲエ、ジャズ、ソウル、エレクトロニックを複雑に絡み合わせたサイケデリック・R&Bをレビューしていきます。
Neo-Soul

Emily King / 時代を問わない普遍的なサウンド

ニューヨーク出身のポップ・ソウル・シンガーソングライター、 Emily King (エミリー・キング)。ギターを中心としたシンプルなサウンドに、ポップとロック、ソウル、コンテンポラリーR&Bにジャズのエッセンスをブレンドさせた、心に染み入るようなメロディと素朴な歌声による上質な音楽です。
Neo-Soul

【洋楽】 次世代オーガニックソウル おススメ8選

"次世代オーガニックソウル"と題し、2020年現在のこれから来そうなフォーク、ジャズ、R&B、ポップスをベースにしたオーガニックソウル系アーティストを特集します。これからの季節にじっくり聴いてみたくなるような曲ばかり、ぜひ最後までお付き合いください。
Neo-Soul

Lianne La Havas / カラフルでオーガニックな極上ネオソウル

イギリスのシンガーソングライター、 Lianne La Havas (リアン・ラ・ハバス)。シングルコイルギターの音色が美しいカラフルでオーガニックな世界観。最新アルバムであるセルフタイトル『Liana La Havas』も前作をしのぐ出来栄えの予感がします。