【2022年リスト】BBC Sound of 2022 ( サウンド・オブ 2022 )10組をチェック!

Sound Of 2022洋楽ライフ
Pocket

BBC Sound of 2022 ロングリストをレビューしていきます。

イギリスのメディアであるBBCが評論家や音楽業界への調査により毎年選出する、新しい音楽の才能をランキング形式で選出・発表する企画であり、イギリスを中心とした若手アーティストの登竜門にもなっているBBC”サウンド・オブ”の2022年版のロングリストから選出された順位が発表されています。

過去には、1位ではPa Salieu(2020)、Celeste(2019)、Sam Smith(2014)、HAIM(2013)、Adele(2008)、2位以下でもDua Lipa(2016)、Billie Eilish(2018)、Frank Ocean(2012)などなど錚々たる顔ぶれを選出し、ブレイクのきっかけとなっているこの企画。

今年はどのようなアーティストが選出されているのでしょうか。

毎年前年11月後半から12月ノミネーション、翌年1月より5位以上が順次順位が発表され、今年はエルトン・ジョン、ビリー・アイリッシュ、エド・シーラン、ジョルジャ・スミスなどを含む130人以上の音楽業界人のパネリストによって投票、順位発表が行われます。

それではチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

BBC Sound of 2022 ( サウンド・オブ 2022 )

PinkPantheress

祝1位選出!

2001年バース生まれの20歳の大学生。ビートサンプリングを活用したヘビーエレクトロニックなサウンドは、UKガレージ、ツーステップ、ポップ、オルタナティブロックがR&Bと混ざり合ったUKらしく、そして若々しい作品。彼女自身は「ニュー・ノスタルジック」と呼んでいる、個人的にもかなり注目したいアーティスト。

pinkpantheress – just for me
pinkpantheress – just for me (Official Video)

 

PinkPantheress / Z世代型UKガラージ・ポップ
イギリス、バース出身のプロデューサー、シンガーの PinkPantheress (ピンクパンサレス)。ドラムンベースやUKガラージなどハードコアなトラックと彼女のキュートで親しみやすいボーカルのコントラストが若い世代を中心に高い支持を獲得しています。

 

Wet Leg

祝2位選出!

幼なじみのRhian Teasdale(リアン・ティーズデール)とHester Chambers(ヘスター・チェンバーズ)によって構成されるインディロックデュオ。

どの曲もストレートでポップでスタイリッシュ!日本でも売れそうですよ!

Wet Leg – Wet Dream
Wet Leg – Wet Dream (Official Video)

 

Mimi Webb

祝3位選出!

カンタベリー出身のシンガーソングライター、2020年デビューシングル「Before I Go」がアメリカのTikTokインフルエンサー、Charlie D’Amelioによって投稿され、8,500万回以上の再生回数を記録。

その後のシングル「Good Without」と「Dumb Love」はどちらもUKトップ20になり、彼女のデビューEP「Seven Shades of Heartbreak」も9位にランクインするなど急成長を遂げたアーティスト。ADELE系王道ポップシンガーです。

Mimi Webb – Good Without
Mimi Webb – Good Without (Official Music Video)

 

Lola Young

祝4位選出!

イギリスの名門アーティスト養成スクール、ブリットスクール卒業の21歳。2019年デビューEP『Intro』をリリースしており、堂々とした深く表現力豊かなボーカルは大物感を漂わせていて、アデルやエイミー・ワインハウスのような存在感を放ちます。

Lola Young – Ruin My Make Up
Lola Young – Ruin My Make Up

 

Central Cee

祝5位選出!

ロンドンのシェパーズブッシュ出身のラッパー兼ソングライターで2021年3月リリースのミックステープ、『Wild West』がUKアルバムチャート2位を記録しブレイクスルーしたいまイギリスで最も勢いのある男性ラッパー。

Central Cee – Obsessed With You
Central Cee – Obsessed With You (Official Video)

 

Baby Queen

南アフリカのダーバンで生まれたArabella Lathumのステージネーム。音楽のキャリアを追求するために18歳でロンドンに移り、2020年に大手レーベルポリドールと契約を果たし21年デビューアルバム『The Yearbook』をリリースした新生。次世代オルタナティブポップクイーンとして注目の存在です。

Baby Queen – Wannabe
Baby Queen – Wannabe (Official Video)

 

ENNY

ナイジェリア系イギリス人でロンドン出身のラッパー、Enitan Adepitanのステージネーム。2021年デビューEP『Under Twenty Five』をリリースしており、先行カットされていた『Peng Black Girls』ではCOLORSライヴにてJorja Smithとのコラボレーションで1000万回以上のバイラルヒットを記録。Little Simzに続く期待の次世代UKヒップホップクイーン。

ENNY ft. Jorja Smith – Peng Black Girls Remix
ENNY ft. Jorja Smith – Peng Black Girls Remix | A COLORS SHOW

 

Priya Ragu

当サイトイチオシの彼女。詳細はこちら。

Priya Ragu / 色彩鮮やかなタミリアンR&Bワールド
南インドやスリランカ北部のタミル民族の血を受け継ぐスイス人ミュージシャン、 Priya Ragu (プリヤ・ラグー)。 兄であるプロデューサーのJaphna Goldと二人三脚で創り上げる先鋭的なR&Bサウンドに、南インドの雰囲気漂うオリエンタルなエッセンスを詰め込んだユニークな作品が非常に魅力的です。
Priya Ragu – Lockdown 
Priya Ragu – Lockdown (Official Video)

 

Priya Ragu / 色彩鮮やかなタミリアンR&Bワールド
南インドやスリランカ北部のタミル民族の血を受け継ぐスイス人ミュージシャン、 Priya Ragu (プリヤ・ラグー)。 兄であるプロデューサーのJaphna Goldと二人三脚で創り上げる先鋭的なR&Bサウンドに、南インドの雰囲気漂うオリエンタルなエッセンスを詰め込んだユニークな作品が非常に魅力的です。

 

Tems

ナイジェリアのラゴスで生まれのTemilade Openiyiのステージネーム。2018年『Mr Rebel』でデビュー、アフロビートを基調にダンスホール、インディー、R&Bなどを融合した、ナイジェリアを中心に広がりつつある新たなムーブメント「オルト・ムーブメント(オルトとはオルタナティブの意味」の一人として注目されており、Justin BieberDrakeなどアメリカのトップアーティストとも共演を果たしているアーティスト。

当サイトでも注目したい一人!

Tems: Tiny Desk (Home) Concert
Tems: Tiny Desk (Home) Concert

 

Tems / メジャーシーンに飛躍するナイジェリアン・シンガー
ナイジェリアのラゴス出身のシンガーソングライターTemilade Openiyiのステージネーム、 Tems (テムズ)。独特の歌いまわし、しっとりと深く、知的な印象を抱く雰囲気を武器に着実にメジャーでのブレイクへのステップを踏んでいます。

 

 

Yard Act

世界的ブレイクが期待されている新生ポストパンクバンド。ベーシストのライアン・ニーダムとボーカリストのジェームス・スミスによって結成され、サム・シジプストン(ギター)とジェイ・ラッセル(ドラム)を加えたカルテット。

直球勝負なパンクグルーヴと勢いのあるボーカルに惹き込まれること間違いなし!

Yard Act – The Overload
Yard Act – The Overload

サウンド・オブ 2022 : まとめ

BBC Sound of 2022のロングリスト、ノミネーションアーティストをチェックしていきました。

2022年以降の活躍を占う意味でもチェックしておきたいアーティスト10組でした。当サイトでも今後単独アーティスト記事としてピックアップしていきたいと思います。

こちらオリジナルサイトでもチェックしてみてください。

BBC - Sound of 2022
Meet the artists tipped to take 2022 by storm...