80年代

Electronic

Le Flex / ポスト・ジョージマイケルな80年代レトロ・シンセポップ

イギリス、ロンドンを拠点に活動する80年代レトロなシンセポップをセンス良く現代に蘇らせるプロデューサー、 Le Flex (ル・フレックス)。どこか中性的でメランコリックな情感を持ち合わせていながらも陰湿ではなく、カラッと爽やかなポップ感は、さながらジョージマイケルのよう。
AOR

オトナの【 バレンタインデー 】に聴きたい!メロウな洋楽17選

オトナの【 バレンタインデー 】に聴きたい!メロウな洋楽17選と題し、定番バレンタインソングとは少し違った70年代から現代までのオススメ"LOVE"な曲をセレクトしました。恋人同士、友人同士で過ごす際の定番BGMにちょっとプラスアルファで加...
R&B

80年代 R&B “ニュージャックスウィング”7選

80年代R&Bシリーズ第三弾をお届けしましょう。 前回はグループ、前々回はど真ん中の定番でしたが、第三弾は" ニュージャックスウィング "です。Bruno Marsの"24k Magic"でも大々的にオマージュされていたり、当ブロ...
Crossover

RAH Band / 80年代 魅惑のチープエレクトロ

イギリスのプロデューサー、アレンジャー、マルチインストゥルメンタリストであるRichard Anthony Hewsonによるプライベートプロジェクトとして、彼の名の頭文字3文字で名付けられたバンド、 RAH Band (ラー・バンド)。 ...
Jazz

Tom Browne / ミスター”Funkin’ For Jamaica”

ニューヨーク、クイーンズ出身で今なおニューヨークジャズシーンを中心に活動を続けるジャズ・トランぺッター、ミスター"Funkin' For Jamaica"こと、 Tom Browne (トム・ブラウン)。 題名の通り、ヒップホップ、クラブ...
J-POP

【洋楽にも合う!】 80年代 ジャパニーズ・シティポップ 8選

ここ数年世界からも注目を集めている 80年代ジャパニーズ・ シティポップ 。そんな日本のシティポップから、洋楽のAORやインディポップと混ぜても違和感ない、洋楽中心のBGMにも溶け込みつつ「シティポップ感」を程よく主張してくれるおススメの曲、70年代も少し入って8曲をご紹介します。
AOR

【オススメ】洋楽 AOR 隠れた名曲7+1選

今回は70年代から80年代にかけて、とくにアメリカ西海岸を中心に世界的なムーブメントとなり多くの名盤を世に送り出してきた AOR (アダルト・オリエンテッド・ロック)の中でも王道と言われる曲からちょっとだけハズれた、隠れた(ん?隠れてはない...
R&B

【次はこれ聴け】洋楽 80年代 R&B 7選

『これ聴け』シリーズ第2弾!前回"【まずはこれ聴け】洋楽 80年代 R&B 7選"では80年代ど真ん中の、まさに80年代を代表するアーバンコンテンポラリーを中心にお送りしてきました。 そしてこの第2弾は、「グループ」をテーマにお届...
R&B

【まずはこれ聴け】洋楽 80年代 R&B 7選

当ブログでも 80年代R&B はPatrice RushenやLoose Endsとアーティスト単位で紹介していますが、ここで一旦まとめてみたいと思います。 80年代R&B/ソウルシーンを大まかに捉えると、前半では70年代...
Electronic

Saucy Lady / 鎌倉経由ボストン発のディスコデイーバ

神奈川県鎌倉市出身で現在はボストンを活動拠点とする日米ハーフのDJ、トラックメイカー、シンガーの Saucy Lady (ソウシー・レディ)。 同じくボストンで活動している日本人クリエイター、Yuki "monolog" Kanesaka...
Jazz

Patrice Rushen / 80年代癒しソウルの極み

70年代~80年代に一世を風靡したR&Bソウルディーヴァの一人。ロサンゼルス出身のピアニスト/シンガー Ptarice Rushen (パトリース・ラッシェン)。 もともとはフュージョン畑ですが、JAZZ、R&Bをクロスオ...
Electronic

Chromeo / クローメオ – 美脚のエレクトロ・ファンクデュオ!

カナダ、モントリオール出身のエレクトロ・ファンクデュオ、Dave One(デイヴ・ワン)とP-Thugg(ピー・サグ)の二人組、" Chromeo "(クローメオ)。相変わらずのノリの良さとキャッチーさ溢れる曲作りを、さり気なく貫いてるところがニクい作品。そしていつものトレードマークである「美脚」も健在です。
Crossover

Loose Ends / 元祖UKアーバンソウル

80年代に全盛を極めたUKのアーバンソウルグループ Loose Ends (ルース・エンズ)。USのそれとは一線を画したアーバンメロウなチル・ブリットファンクは、のちに80年代後半~90年代に一世を風靡したSoulⅡSoulを中心としたUKソウルムーヴメントへとつながっていくことになります。このルース・エンズの初期作品を中心に聴いていきましょう。
Indie

Stimulator Jones / ニューテイスト・オブ・ソウル!

NxWorriesやMndsgnと同じレーベルであるStones Throwと契約したニューカマー、 Stimulator Jones (スティミュレイター・ジョーンズ)。70年代ヴィンテージソウルと現代R&Bを融合し、ヒップホップDJとしての経験を加味したニューテイストなブルーアイドソウルを展開しています。