【洋楽】 缶コーヒーCMソング 【名曲】

缶コーヒーCMソング洋楽ライフ
Pocket

洋楽CMシリーズ、今回は”缶コーヒーCMソング“にスポットを当てていきます。

缶コーヒーのターゲット層として「30代から50代の働き盛りの男性」がメインになってきますので、各社の選曲もおのずとそのターゲットに合わせたものになっていて、やはり70年代~90年代の男性っぽいロックやポップスの名曲が多くなっていますね。

その中からサクラタップス音楽部視点で、各社ブランドのCM採用曲をセレクトしました。

【洋楽】 缶コーヒーCMソング 【カッコイイ】

スポンサーリンク

JT / ROOTS

Smash Mouth – I’m A Believer

1966年にThe Monkeysによってリリースされ、2001年にアメリカのポップロックバンド、Smash Mouthがカバーしたバージョンで、映画『シュレック』のサントラとして作られたもの。

ユアン・マクレガーが出演した2002年のCMで起用されていました。

Smash Mouth – I'm A Believer
いいなCM JT Roots ユアン・マクレガー

 

Point Break – Do We Rock

イギリスの人気若者番組”Byker Grove”のレギュラー・メンバーによる3ピースポップバンド、Point Breakの99年作。この時代っぽさを感じるオルタナポップ・ロックで当時も人気の高かった曲ですね。

ブラット・ピットが出演していた99年から2000年あたりのCMに起用されています。前述のユアン・マクレガーしかり、この頃のCM予算は破格だったことがわかりますね。

Do We Rock
ルーツ ブラッド・ピット

 

Bobby McFerrin – Don’t Worry Be Happy

アメリカを代表する多重奏唱法が特徴のジャズシンガー、Bobby McFerrin(ボビー・マクファーリン)の1988年作。自身の声のみで録音されたこの曲はグラミー賞も受賞した、誰もが絶対聴いたことあるであろう名曲。

「ルーツ アロマブラック」のCMで使われてましたが(動画なし)、他にも様々なCMや番組等で徴用されていますね。

Bobby McFerrin – Don't Worry Be Happy (Official Video)

 

サントリー / BOSS

Michael Bublé – Haven’t Met You Yet

現代ビッグバンドジャズ、トラディショナル・ポップス界のトップスターと言っても過言ではない、Michael Bublé(マイケル・ブーブレ)の2009年アルバム『Crazy Love』収録曲。邦題は『素顔のきみに』。

ポジティブで爽やかなハッピーソングはクラフトボスのいろんなバージョンで起用されています。

Haven't Met You Yet
クラフトボス WEB限定『新しい風・リスペクト』篇 31秒 堺雅人 杉咲花 成田凌 夏木マリ ゆりやんレトリィバァ トミー・リー・ジョーンズ サントリー
りんごちゃん、古市憲寿に強烈ツッコミ「やれよ!」 「クラフトボス スペシャルティ微糖」新CMが公開

 

Eric Clapton – Change the World 

Wynonna Judd(ウェノナ・ジャッド)のカントリーソングで、エリック・クラプトンがベビーフェイスのプロデュースでカバーしたグラミー受賞の名曲。

タモリさん出演のプレミアムボス・ブラックに起用されていました。このCMと曲の相性もなんだか非常に良いですね。

Change the World
いいなCM サントリー BOSS 「プレミアムボスブラック プレミアム鉄道」篇

 

Maurice Vander Et Son Orchestra – 男と女

♪シャ~バ~ダ~、ダバダバダ♪でお馴染み、誰でも知ってるフレンチボッサの名曲。

フランスのジャズキーボード奏者、Maurice Vander(モーリス・ヴァンデール)による1966年作フランス恋愛映画の金字塔『男と女(Un homme et une femme)』のサウンドトラック。

俳優の大森南朋さん出演のシリーズで起用されていました。

男と女
いいなCM サントリー BOSS 贅沢微糖 大森南朋 橋本愛 2本立て

 

Julio Iglesias – Begin the Beguine 

♪ナタリ~♪でお馴染み、スペインの大スター、Julio Iglesias(フリオ・イグレシアス)の1981年アルバム『De niña a mujer(イザベラの瞳)』より。

優雅さとゴージャスさを存分に味あわせてくれる、高揚感のある大人のリゾートミュージックといった趣きのあるイージーリスニング・ミュージックの傑作。

HONDA JADEのCMで大々的に起用され話題となりました。BOSSのCMでも最後のところ(ハワイ)でちょっと地味ですが起用されてますね。

フリオ・イグレシアス Julio Iglesias/ビギン・ザ・ビギン Volver a Empezar (Begin the Beguine) (1981年)
2篇 サントリー BOSS CM 宇宙人ジョーンズ 「休みとは」「海女」

 

UCC 

Deep Purple – Black Night

70年代の代表的イギリスのバンド、ディープパープルの1970年作で彼らの代表作のひとつ。

ただもう日本ではUCC BLACK無糖のCMのイメージがガッツリとついていて、自分だけかもしれませんがこの曲聴くとこのCMを思い起こされるという企業の戦略に思いっきりハマってますね。

Black Night
UCC BLACK無糖
いいなCM UCC上島珈琲 UCC BLAK無糖 高良健吾 「メッセージ」篇

 

Gipsy Kings – My Way

Djobi Djoba、Volareなど日本のCMでもよく使われているGipsy Kingsですが、こちらはフランク・シナトラの名曲、My WayをGipsy Kingsらしくフラメンコ風にカバーしたもの。

吉瀬美智子さんが出演する缶コーヒーではなくUCCのコーヒーへの想いを伝えるCMで起用。

マイウェイ   ジプシーキングス
UCCコーヒー CM マイ・ウェイ

 

コカ・コーラ / ジョージア

Junkie XL, Elvis Presley – A Little Less Conversation (Elvis vs JXL)

エルビス・プレスリーの1968年作を、オランダのビッグビートプロデューサー、ジャンキーXLが2002年にリメイクし全世界でヒットした曲。

ジョージア『男ですいません。』シリーズで起用。CMとの相性もバッチリですね!

Junkie XL, Elvis Presley – A Little Less Conversation (Elvis vs JXL)
CocaCola GEORGIA ジョージアCM「男ですいません」

 

キリン / FIRE

Stevie Wonder – To Feel The Fire

キリン”FIRE”といえばこの曲。キリンが缶コーヒーブランドの刷新に対して、社運をかけてスティーヴィー・ワンダーにオファーを出し、99年に書き下ろされリリースされた曲。その額は10億とも言われ、この時代のお金のかけ方に驚かされます。

2019年にはブランド20周年を迎え、俳優の桐谷健太さんがCM上でこの曲のカバーを披露。結構本格的に歌い上げています。

To Feel The Fire
桐谷健太、「キリン ファイア」CMソングをソウルフルに熱唱! 『キリン ファイア』新CM 「火がつく瞬間」篇

▼Stevie Wonderの記事はこちら▼

Stevie Wonder / 70年代 おススメ名曲集
言わずと知れたソウル・レジェンド、盲目の天才。1961年から現在まで活躍するスーパースター、 Stevie Wonder (スティービー・ワンダー)。数々のアルバム、名曲を世に送り出し、もうすべてのアルバムが名盤と言っても過言ではない作品群の中から、今回はサクラタップス音楽部視点で、スティービーワンダーの黄金期ともいえる70年代の作品から厳選10曲をお送りします。

 

The Messengers – That’s The Way A Woman Is

アメリカのポップロックバンドで、モータウン(厳密にはその傘下のRare Earth)レーベルと初めて契約した白人グループ、The Messengers(ザ・メッセンジャース)の中でも、フィンガー5南沙織など日本アーティストからも良くカバーされていた1971年リリースの代表曲。

岡田准一さんが出演するシリーズで、バックに軽快なリズム感を演出していますね。

That's The Way A Woman Is
岡田准一 キリンファイア CM キリンビバレッジ FIRE 「すごろく工場」篇

 

缶コーヒーCMソング : まとめ

洋楽を起用した缶コーヒーCMソングを特集しました。

コンビニコーヒーの台頭や本格的ドリップコーヒーの一般化もあり、近年缶コーヒー市場も厳しさを増していますが、ボトルコーヒー(缶・PET)の定着もあり持ち直している状況にもあるようです。

特にサントリー(BOSS)、コカ・コーラ(ジョージア)が市場を牽引しており、CMの露出状況を見ても何となく伝わってきますね。

出典;https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2019/10/2019-1017-1246-14.html

CMには是非洋楽も積極的に採用してほしいところです。

▼90年代定番CMソングはこちら▼

【90年代】CMで使われている 定番洋楽ソング 7選
『洋楽を使ったCMソング』をテーマに今回は、【90年代】CMで使われている 定番洋楽ソング 7選と題して、CMで使われていた1990年代の定番曲を振り返ってみます。当サイトでは車のCMで使われていた洋楽ソングを紹介しましたが、今回は年代でソートしてみました。